2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「サクソフォン」の記事

2022.02.02

ラフマニノフとアメリカ、そしてサクソフォン

ラフマニノフは、編曲を除けば自身の最後の作品となった『交響的舞曲』作品45(1940)で、生涯で唯一サクソフォンを用いているが、ここで突如としてサクソフォンを使った理由や事情については「分からない」、というのが定説だった。
#作編曲家ロバート・ラッセル・ベネットのアドバイスにより、という言説があるようだが、どうもそれが直接の要因という訳ではないらしい。

これについて、移住先のアメリカで親しんだポール・ホワイトマン楽団とそのアレンジャーのF.グローフェからの影響ではないか、という見解が以下に載っていたので、覚書として引用する。
(リンク先のドキュメントは都響のサイトだが、文章の著者は小室敬幸さんという作曲家/音楽学者の方)

スコアの深読み~第8回 ラフマニノフとアメリカ音楽

2022.01.02

その昔のギャルド

Garde1961

Orchestre d'harmonie de la Garde Républicaine, 1961

続きを読む "その昔のギャルド" »

2021.10.04

A.リード「5つのカメオ」の動画

先日の東京吹奏楽団の演奏会記事に関連して。

プレコンサートで演奏された、雲井雅人先生とグリーン・レイ サクソフォンカルテットのメンバーの演奏による、アルフレッド・リード作曲「サクソフォン四重奏のための『5つのカメオ』」全曲の動画が、YouTubeにもアップされています。
長年にわたって待望していた、第一線のプロ演奏家によるこの曲の動画です。

この曲の委嘱・初演団体であるサクソフォン・アンサンブルなめら~かのサイトからもリンクさせていただきました。(「委嘱作品」のページからご覧ください)

2021.08.29

久々にThe Sax

Thesax106

今般発売の雑誌The Sax 106号に、さる7月23日に開催されたフェスタ・サマーミューザ公演より須川展也・中野翔太デュオリサイタルのレビューを寄稿しました(90ページ)。

コロナ騒ぎ勃発以降久々の原稿依頼でした。500字の小さな記事ですが、須川さんの公演について商業誌にレビューを書けるというのは、なんといっても光栄なことでした。

2021.07.27

【サクソフォン奏者のためのオーケストラスタディ(5月30日)】

Tirasi210530

5月30日(日)
雲井雅人(Saxophone)
サクソフォン奏者のためのオーケストラスタディ レクチャー&コンサート
井口みな美(Piano)
ドルチェ楽器

5月の振り返りをひとつ飛ばしていたので、改めて採録しておきます。

続きを読む "【サクソフォン奏者のためのオーケストラスタディ(5月30日)】" »

2020.11.04

ラーションのサクソフォン協奏曲、日本初演の頃

先月のN響定期で須川さんが演奏された、L.E.ラーション(1908-1986)のサクソフォン協奏曲。
日本初演は1994年7月23日と、それほど古い話ではない。
トロンヘイム・ソロイスツ日本公演。独奏武藤賢一郎。
私はたまたまその日の演奏会を聴いていたので、公演チラシを発掘してきた。

Tirasi940723

続きを読む "ラーションのサクソフォン協奏曲、日本初演の頃" »

2020.05.02

Fantasia Cromatica【田中拓也 Saxophone】

Cd488

2008年の日本管打楽器コンクール第1位&大賞、第6回アドルフ・サックス国際コンクール入賞など輝かしい経歴をもつサクソフォン奏者、田中拓也さん(ブルーオーロラ サクソフォンカルテット、洗足学園音楽大学非常勤講師)のデビューアルバム、「Fantasia Cromatica」(4月22日発売)が届きました。

続きを読む "Fantasia Cromatica【田中拓也 Saxophone】" »

2020.04.21

新着マウスピース

S80cstar

届いた!
お披露目はいつになるやら…

続きを読む "新着マウスピース" »

2020.03.28

The SAX 100号

Thesax_100

雑誌「The SAX」100号が届きました。

続きを読む "The SAX 100号" »

2020.02.21

タイムトンネルをくぐって

Cd482

World Saxophone Orchestra
Conducted by Ed Bogaard

某オークションにて、長年探していたCDを発見、あっさりと落札して適価にて入手しました。

続きを読む "タイムトンネルをくぐって" »

より以前の記事一覧