2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「音楽随想」の記事

2018.07.16

湯山昭「子どものための交響組曲」スコア

たまたま立ち寄った楽譜屋さんで発見、びっくりして即買い。

image

湯山昭作曲「子どものための交響組曲」

合唱曲やピアノ曲、童謡の分野で有名なこの作曲家としては類例のない、一管編成のオーケストラ曲で、クラリネットの持ち替えでアルトサクソフォンが指定されており、各楽章でたいへんサクソフォンに似つかわしい重要なソロを担当する、私見ではオケ中でのサクソフォンの用例として極めて重要な作品のひとつである。
1961年の初演以来、(オリジナルの形では)一度しか再演されていないはずなのだが、スコアが出版されているとは知らなかった。

続きを読む "湯山昭「子どものための交響組曲」スコア" »

2018.03.31

最後の大田区民センター

photo

私の、40年におよぶ音楽上のホームグラウンドだった大田区民センターが、(本当に)閉館した。
「2017年度」よ、さようなら。

3月11日の「大田区民センター・ありがとうコンサート」に行ったときに撮った写真を上げておきます。

続きを読む "最後の大田区民センター" »

2017.06.04

大川信一郎君の訃報

大川信一郎君が亡くなった。
享年50。

今月はじめに、入院しているという話を聞いて(ここのところ入退院を繰り返していたとのことだったが、今回はかなりシビアだ、という話だった)、お見舞に行かなきゃ、と思っていたけれど、間に合わなかった。
ごめんよ…
悔やんでももう遅い。

続きを読む "大川信一郎君の訃報" »

2017.01.06

訃報 ジョルジュ・プレートル

訃報 ジョルジュ・プレートル(1924.8.14~2017.1.4)

指揮者のジョルジュ・プレートルが亡くなられた。
先日逝ったネヴィル・マリナーと同じ1924年生まれ、92歳。
マリナーの時と同じく、タワーレコードが早速特設サイトを作っているので、上に引用。

続きを読む "訃報 ジョルジュ・プレートル" »

2016.11.08

文化の日。

日付は前後するが、文化の日(11月3日)の過ごし方。

チラシ画像

続きを読む "文化の日。" »

2016.10.08

サー=ネヴィル・マリナーの訃報

追悼サー・ネヴィル・マリナー (1924.4.15~2016.10.2)

我が敬愛する巨匠、指揮者ネヴィル・マリナーが2日、亡くなられた。92歳。
最後の最後まで現役を貫いた、あっぱれな天寿の全うぶり、むしろお祝いして差し上げねばいけないかも。
上のリンクはタワーレコードのサイト内特設ページ。よくまとまっている。

続きを読む "サー=ネヴィル・マリナーの訃報" »

2016.04.14

ショーソン/交響曲、ジャン・フルネ指揮N響

4月14日は、私の最も敬愛する指揮者ジャン・フルネ(1913.4.14-2008.11.3)の、誕生日だった。
自分の中では、逝って8年、引退公演から10年以上も経つとは思えないほど、いまだ様々な記憶が鮮明なのだけれど、ネット上でみつけた、フルネが(おそらく1991年に)N響に客演した際の十八番エルネスト・ショーソンの交響曲変ロ長調の動画を、自分のためのメモとして載せておく。

これ、会場で聴いた記憶があるので、客席には私もいるはず。
楽員さんが若い。

続きを読む "ショーソン/交響曲、ジャン・フルネ指揮N響" »

2016.02.17

訃報・本間正史さん

都響元オーボエ首席奏者 本間正史氏の御逝去について

昨日あたりからSNSに流れてきていた噂、本当だったんだ…

続きを読む "訃報・本間正史さん" »

2016.01.30

プーランクの命日に

facebookより転載。

本日(1月30日)は作曲家フランシス・プーランクの命日です。
1963年の今日、プーランクは急な心臓発作でこの世を去りました。享年64歳。

実はこの翌日、当時気鋭の若きサクソフォン奏者だったジャン=マリー・ロンデックスが、作品委嘱の打ち合わせのためノワゼーのプーランク邸を訪れる約束になっていたそうです。
(補足。プーランクが亡くなったのはパリ8区のアパルトマンでした。「翌日」だとすると、約束は別邸のノワゼーではなくパリの家だったのかもしれません)

続きを読む "プーランクの命日に" »

2016.01.06

ピエール・ブーレーズ

photo

作曲家/指揮者のピエール・ブーレーズが亡くなられた。(1925.3.26-2016.1.5)

続きを読む "ピエール・ブーレーズ" »

より以前の記事一覧