2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2016.05.28

「The SAX」掲載のお知らせ(77号)

ブログをぜんぜん書けずにいる間に、ネタばかりがいっぱい溜まってきているんだけど、とりいそぎお知らせ。

雑誌「The SAX」最新号(77号)にまた記事を書きました。
先だって勤務先の洗足学園音楽大学を定年退官されたサクソフォン界の大御所、日本サクソフォーン協会事務局長・冨岡和男先生へのインタビューを担当しています。
見かけたら手にとってみてくださいませ。

image

続きを読む "「The SAX」掲載のお知らせ(77号)" »

2016.01.25

「The SAX」掲載のお知らせ

とりいそぎお知らせ。

雑誌「The SAX」最新号(75号)です。
先号に引き続いて、コンサートレビューの記事を書かせていただきました。
暮れの12月23日の、クローバーサクソフォンクヮルテットの結成10周年リサイタル。(85ページ)
当初は私が書く予定ではなかったのが(実は一昨年の時も書いてるし)、ピンチヒッターで引き受けました。
見つけたらご覧になってみてくださいね。

ソニー・ロリンズの表紙が目印。
ってこの人、まだ生きてたんだ!…

image

2015.12.30

都響50年史

photo

2015年は、われらが都響の創立50周年だった。
ということで、都響50年史

続きを読む "都響50年史" »

2015.08.22

ダニエル・デファイエ インタビュー(1992年)復刻

神様だ!

photo

続きを読む "ダニエル・デファイエ インタビュー(1992年)復刻" »

2015.07.25

「The SAX」掲載のお知らせ

本日(7月25日)発売の雑誌「The SAX」72号に、去る6月23日に開催されたコンサート「N響music tomorrow」(ジョン・アダムズ作曲のサクソフォン協奏曲日本初演ほか)のレビューを書いています。
当該の演奏会についてのブログ記事でも言及した通り。
どこかで見かけたらお手にとって見てくださいな。

2015.03.26

THE SAX・70号に寄稿

imageいままで何度か記事を書かせていただいている雑誌、THE SAX(隔月刊)が、通巻70号を迎えた。

私も、前号にも書いたばかりのところ、今号にも依頼を受けて原稿を書きました。
70号と戦後70年をかけて、戦後日本のサックス界の黎明期を知る長老へのインタビューということで、クラシックを代表して石渡悠史先生(国立音楽大学名誉教授、日本サクソフォーン協会会長)へのインタビューと記事構成を手がけたのだ。

続きを読む "THE SAX・70号に寄稿" »

2015.02.18

斎藤秀雄・指揮法教程

Facebookから転載。
Facebookは読み手を想定して書いているので「です・ます体」になる。
ブログの「だ・である体」は、基本的に(私の中では)独り言の語法。

photo

日曜日のコンサートの終演後、銀座ヤマハの楽譜フロアをうろうろしていたら、斎藤秀雄指揮法教程の改訂新版をみつけて買ってしまいました。
原版は学生の時に読んだので、30余年ぶりの再読開始です。

続きを読む "斎藤秀雄・指揮法教程" »

2015.01.24

「The SAX」掲載のお知らせ

とりいそぎひとつお知らせ。

本日(1月24日)発売の雑誌「The SAX」第69号に、昨年12月18日のクローバー・サクソフォンクヮルテット演奏会(3rdCD発売記念ツアー東京公演)のレビューを寄稿しています。(109ページ)

続きを読む "「The SAX」掲載のお知らせ" »

2014.11.21

パイパーズ400号

コンサートレポート他、いろいろ書くべきものが滞っているが、まずはとりいそぎ。
月刊誌「パイパーズ」が、通巻400号となった。

続きを読む "パイパーズ400号" »

2014.10.27

トマソン

<訃報>赤瀬川原平さん77歳=美術家、作家「老人力」

亡くなられたのですね。

私としては80年代に一世を風靡した超芸術運動(トマソン)が思い出深い。
あれは、今となって考えると、時の流れという無常を、透徹した観察眼と慈しみをもって眺めるという、中世の文人のようなものの見方だった。
あの思想は、間違いなく今の自分自身の一部分となっている。

続きを読む "トマソン" »