2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 【オーケストラ・ファンダメンタルズ】 | トップページ | 【三國可奈子&木藤良朝子デュオ(1月7日)】 »

2024.01.07

【JION Saxophone Quartet+(1月6日)】

F_2401062

1月6日(土)
JION+ Saxophone & Piano Concert
中央区月島社会教育会館

H.ブレイク/スノーマン(ナレーション付)
モーツァルト/ディヴェルティメントKV136
F.ロウ/マイ・フェア・レディ メドレー
船橋登美子/「メロディー」(ソプラノサクソフォンとピアノのための)より Ⅲ
ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第5番より アリア
ムソルグスキー/組曲「展覧会の絵」より
JION Saxophone Quartet
 金子雅弘(S.Sax)、新実信夫(A.Sax)、日置武(T.Sax)、新倉敏(B.Sax)
河西麻希(Soprano Saxophone)
伊藤那実(Piano)
落合眞李(Soprano, Narration)

この日2本め。ひと駅分なので(豊洲→月島)歩いてゆく。

紀元前にルーツを持つと云われる(嘘)私たちアマチュアサックス吹きの大先達にしてレジェンドの諸氏、JIONの4名が久々に揃った。
河西麻希さんのソプラノサクソフォン、伊藤那実さんのピアノ、落合眞李さんのナレーション&歌を自在に巻き込んで、しなやかに、バラエティ豊かでアイディアに満ちた豪華なプログラムが音となった。
会場はほとんど響きのない昭和の小ホール。設備自体は新しかったので、リニューアルしたのかな。それにしてもプロの方々は、こういう会場でもちゃんと音のクオリティを担保するところがさすがだなあと感心した。

奇しくもこの日は2本とも、アマチュアとプロの協演、というよりは「協働」という言い方がふさわしい、充実した催しだった(アマオケといえども指揮者はプロなので)。
私も負けてらんないぞ。勝ち負けじゃないけど。

« 【オーケストラ・ファンダメンタルズ】 | トップページ | 【三國可奈子&木藤良朝子デュオ(1月7日)】 »

コンサート(2024年)」カテゴリの記事