2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« 【東京都市大学吹奏楽団(12月23日)】 | トップページ | 【都響第九(12月26日)】 »

2022.12.30

【「サクソフォンで奏でる珠玉のドイツ音楽」(12月23日)】

F_2212232

12月23日(金)
トロイメライ~サクソフォンで奏でる珠玉のドイツ音楽
アコスタディオ

R.シューマン/カノン形式による6つの練習曲Op.56より 1、2、6
シューベルト/アルペジョーネ・ソナタ
J.S.バッハ/4つのデュエットより 1 BWV802
C.Ph.E.バッハ/フルート協奏曲Wq.22 H425
ブルッフ/8つの小品Op.83より 1、2、3、7、8
槌田絵梨・清川美穂(Saxophone)、弘中佑子(Piano)

夜はこちら。
フランスで学んだお三方によるドイツ音楽の夕べ。

私の偏愛するシューマンのOp.56、アルペジョーネ・ソナタ、バロックとクラシックのハイブリッドのようなC.Ph.E.バッハ、実は20世紀の作品だがまるでシューマンの残照のようなブルッフの8つの小品…という、素晴らしいプログラムとみごとな演奏を楽しんだ。
槌田さんのC.Ph.E.バッハが、なんの楽器だかぜんぜん分からなくて素敵だった(誉め言葉になってるかな)。弘中さんのピアノもまるでフォルテピアノのような音色で、びっくりしつつ感心。

アコスタディオ懐かしい。たぶん20年以上ぶり。まだあったんだ、と思ったけれど、きちんとメンテナンスされていて綺麗なもんだった。
地下の穴蔵だけど、この大きさにしてはたいへん聴きやすい音響と素敵なベーゼンドルファーのピアノがある。
昼間いたオリンピック記念青少年センターとは明治神宮の敷地を挟んだ真向かいだけど、さすがに突っ切る訳にもいかず、迂回して一駅だけ地下鉄に乗った。年も暮れですなあ。

« 【東京都市大学吹奏楽団(12月23日)】 | トップページ | 【都響第九(12月26日)】 »

コンサート(2022年)」カテゴリの記事