2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 【上野学園大学サクソフォンアンサンブル】 | トップページ | 乗り打ち~市民会館おおみやお別れ会 »

2022.03.19

【アラン&都響(3月19日)】

F_220319

東京都交響楽団 プロムナードコンサート#396
サントリーホール

バルトーク/組曲「中国の不思議な役人」
リスト/ピアノ協奏曲第1番
 清水和音(Piano)
コダーイ/組曲「ハーリ・ヤーノシュ」
指揮:アラン・ギルバート

当初予告のインバル師はコロナで残念ながら来日が叶わず(それにしても86歳でコロナ感染して無症状ってどんだけ鉄人なんだ。今に始まった話ではないが)、しかし幸運にも来週26日から登壇予定だったアランが最高の代役をこなしてくれた。長めの待機期間を確保してあったのだろう。
この最高に面白い選曲に最高の演奏。日本のオーケストラとは思えないような重厚な音と鮮やかな切れ味。

首席トロンボーン小田桐寛之氏が定年で最後の舞台だった。
都響在籍36年。ボレロやマーラー3番のソロなど、何回聴いたことか。
終演後は2ndの井口さんから花束、アランも酒瓶のようなものを持ってトロンボーンの席まで。大喝采。解散後もステージから姿が消えるまで拍手鳴りやまず。
私が学生の頃から名前を見知っていた、一時代を築いた名手の引退公演にふさわしい曲目と内容で、開催されて本当に良かった。

« 【上野学園大学サクソフォンアンサンブル】 | トップページ | 乗り打ち~市民会館おおみやお別れ会 »

都響」カテゴリの記事

コンサート(2022年)」カテゴリの記事