2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
フォト
無料ブログはココログ

« 【冬の旅】 | トップページ | 【N響(1月22日)】 »

2021.01.09

【MAROワールド 2021ニューイヤー】

Tirasi210109

MAROワールド Vol.40
篠崎“まろ”史紀(Violin)&MAROカンパニー
J.S.BACH協奏曲集~時代の変化とともに。
王子ホール

非常事態宣言下の三連休が始まった。
春の非常事態宣言の時は、コンサートも本番も全部無くなったしお店もみんな閉まっていたので、鬱々とした気分だったけれど、この三連休は(私のスケジュールでは)コンサート1つと練習2つが予定どおり開催されることになっていて、春に比べるとのんびりしている。
のんびりした非常事態、というのは形容矛盾だが。

今日は銀座の王子ホールにて、ホール名物企画のMAROワールド。
まろ(篠崎史紀)さんと愉快な仲間たち(在京オーケストラの首席クラスの方々、異才の若人、チェンバロは超人山田武彦さん)の新年会。
いつもよりトーク、無茶振り(ソロ強制。笑)は少なめだったが、2時間半すばらしいバッハの音楽を堪能した。

一番驚いたのは、最後にサプライズ(プログラムに記載なし)で登場してマロさんと「2つのヴァイオリンのための協奏曲」を弾いた、大関万結さん(マロさんの弟子で17年日本音コン1位、2000年生まれの20歳)。
いやーすごかった。天性のソリスト、ってのはいるところにはいるもんだなあ。

終演は8時半。
さすがにお店はみんな閉まって、街はひっそりしていた。

« 【冬の旅】 | トップページ | 【N響(1月22日)】 »

コンサート(2021年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【冬の旅】 | トップページ | 【N響(1月22日)】 »