2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 【サクソフォンカルテットJG】 | トップページ | 【波多江史朗Sax(11月6日)】 »

2020.11.04

ラーションのサクソフォン協奏曲、日本初演の頃

先月のN響定期で須川さんが演奏された、L.E.ラーション(1908-1986)のサクソフォン協奏曲。
日本初演は1994年7月23日と、それほど古い話ではない。
トロンヘイム・ソロイスツ日本公演。独奏武藤賢一郎。
私はたまたまその日の演奏会を聴いていたので、公演チラシを発掘してきた。

Tirasi940723

サクソフォン奏者の間ではそれなりに知られた作品ではあったが、シガード・ラッシャーの委嘱であり、フラジオ(超高音域)必須の作品であるため、昔はどうしてもキワモノ的な扱いを免れ得なかったのだと思う。

潮目が変わったのは、この2年後の1996年、日本管打楽器コンクールの本選課題曲に指定された時だった。
尚美の学生だった原博巳さん(故人)が優勝した年。たぶん偶然ではないと思うが、武藤氏が審査員に名を連ねていた。
今から思えば、ある種の歴史の転換点だったかもしれない。

« 【サクソフォンカルテットJG】 | トップページ | 【波多江史朗Sax(11月6日)】 »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【サクソフォンカルテットJG】 | トップページ | 【波多江史朗Sax(11月6日)】 »