2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 【新日本フィル~2020シーズン開幕】 | トップページ | 【白石光隆(Piano)】 »

2020.09.04

【日本フィル~コロナの時代に】

日本フィルハーモニー交響楽団 第723回定期
サントリーホール

ガーシュウィン/アイ・ガット・リズム変奏曲
 沼沢淑音(Piano)
ミシェル・ルグラン/チェロ協奏曲(日本初演)
 横坂源(Cello)
五十嵐琴未/櫻暁(委嘱作品・初演)
ラヴェル/マ・メール・ロワ(バレエ音楽版全曲)
指揮:山田和樹

Tirasi200904

今日は日フィル。
日フィルの9月はヤマカズ指揮でフランス物、という伝統が守られていて吉。

ルグランが楽しみだったが、彼の映画音楽などをイメージしていると肩透かしを食らうような、何を言いたいのか一聴ではよく分からない作品だった。
むしろ、この7月に依頼をして作曲されたという五十嵐さんの5分ほどの新作が、まるで最晩年の武満のような印象的な美しさで、次のラヴェルへと絶妙に繋いでいた。
それにしてもこのソーシャルディスタンスの時代のオーケストラのメインプロとして、「マ・メール・ロワ」というのはすばらしい選択だと思う。
トランペットもトロンボーンも含まない2管の編成で(打楽器は多いけど)、こんなにも壮麗に、夢見心地で終われるのだから。
コロナの時代を逆手にとるヤマカズ君さすが。

ガーシュウィンは残念ながら、サックス無しバージョンだった。(ガーシュウィン自身のオーケストレーションだと、サクソフォンがAATBの4本使われていて、うち3人が一斉にソプラノに持ち替えるという場面も見ることができる。)

« 【新日本フィル~2020シーズン開幕】 | トップページ | 【白石光隆(Piano)】 »

コンサート(2020年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【新日本フィル~2020シーズン開幕】 | トップページ | 【白石光隆(Piano)】 »