2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 8月の記憶【サクソフォーン発表会2020】 | トップページ | 【日本フィル~コロナの時代に】 »

2020.09.03

【新日本フィル~2020シーズン開幕】

新日本フィルハーモニー交響楽団 第623回定期
サントリーホール

シェーンベルク/浄められた夜
ヴァンハル/コントラバス協奏曲
 菅沼希望(Cb独奏)
ハイドン/交響曲第104番「ロンドン」
指揮:秋山和慶

Njp200903

シェーンベルクの濡れたような弦の音も、菅沼さんの超絶技巧も勿論すばらしかったが、なんといってもハイドンに尽きた。
ハイドンの104番が、「古典派」の輝かしい到達点であると同時に、その到達を内側から壊して次の新しい時代を拓くエネルギーをも持った傑作である、ということを真に実感させた。
すばらしい音楽的充実。ハイドンでそのような世界を眼前させてしまう秋山さんこそ、真のマエストロの名にふさわしい。

出演者も曲目も、当初の発表とはまるで違ってしまったシーズン開幕だったけれど、これはこれで良かったのではないだろうか。

« 8月の記憶【サクソフォーン発表会2020】 | トップページ | 【日本フィル~コロナの時代に】 »

コンサート(2020年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月の記憶【サクソフォーン発表会2020】 | トップページ | 【日本フィル~コロナの時代に】 »