« 【N響1月】 | トップページ | 【陸自中音の室内楽】 »

2020.01.12

【MAROワールド(ニューイヤー)】

Tirasi200112

MAROワールド
銀座 王子ホール

ヨハン・シュトラウス2世/
南国のバラ(シェーンベルク編)
宝石ワルツ(ウェーベルン編)
酒・女・歌(ベルク編)
マーラー/交響曲第4番(室内オーケストラ版)

王子ホールの人気シリーズ、マロ(篠崎史紀)さんプロデュースのニューイヤーコンサート。
すばらしい演奏、マロさんの巧みな話術、ゲスト出演者への無茶振りの数々。3時間を超える公演時間があっという間に過ぎた。
曲目はなかなかマニアックな視点があるが(シンフォニエッタ静岡のプロみたいだ)、全体の親しみやすさと何ら矛盾していない。

余談だけど最近、クラシックのコンサートでも演奏者が喋って進行するものが多いけれど(サックス業界ではむしろ、喋り無しのほうが少ないくらいだけど)、皆さんもう少しこういうコンサートでも聴いて勉強してくれよ、と思うことが少なくないんですよねえ。

« 【N響1月】 | トップページ | 【陸自中音の室内楽】 »

コンサート(2020年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【N響1月】 | トップページ | 【陸自中音の室内楽】 »