2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 新井靖志さんの訃報 | トップページ | シンフォニエッタ静岡@東京【9月9日】 »

2016.09.15

ユジャ・ワン【9月7日】

チラシ画像ユジャ・ワン ピアノリサイタル(サントリーホール)

シューマン/クライスレリアーナ
カプースチン/変奏曲Op.41
ショパン/バラード第1番
ベートーヴェン/ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」

ユジャ・ワン(王羽佳)を聴いた。
一晩ソロで聴くのは初めてだ。
一人でサントリーホール(大ホール)が(ステージ後ろのP席以外)ほぼ埋まってる!

曲目はチラシの時点では未定で、少し前にスクリャービンのソナタとショパンとグラナドス、そして「ハンマークラヴィーア」を配した曲目が発表されていたが、当日もやはり変わり、シューマンのクライスレリアーナがアナウンスされた時には客席が軽くざわついた。
結果として、ユジャの弾くドイツものを興味深く聴くこととなり、清新な演奏に感心するとともに、ユジャという人の、新しい「美」というものを探求する姿勢、自分自身を超えようとチャレンジする姿に感銘を覚えたのだった。
楽しかったのはやっぱり、7曲!も演奏されたアンコールかな。
プロコフィエフのトッカータやカプースチン、ホロヴィッツ編曲の「カルメン」、アルカディ・ヴォロドス&ファジル・サイ編曲の「トルコ行進曲」などなど、お得意の胸のすくように鮮やかなナンバーの連発に、客席は総立ち、歓声が飛び交い、まるでクラシックのコンサートじゃないみたいだった。
勿論、ただの「曲芸師」にはとどまないところがこの人のこの人たる所以なんだけどね。
終演は9時40分を回っていた。ああ面白かった。
あ、ステージ衣装は背中はばっくりと開いてたけれど他は(ユジャにしては)普通のドレスだった。ちょっとつまらない(何が)

« 新井靖志さんの訃報 | トップページ | シンフォニエッタ静岡@東京【9月9日】 »

コンサート(2016年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新井靖志さんの訃報 | トップページ | シンフォニエッタ静岡@東京【9月9日】 »