2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 【告知】サクソフォン交流会2016 | トップページ | 小澤さんとNJP »

2016.05.10

アシュケナージ(親子)のピアノ

チラシ画像ウラディーミル&ヴォフカ・アシュケナージ ピアノ・デュオ(サントリーホール)

グリンカ/幻想的ワルツ
スメタナ/モルダウ
ラヴェル/スペイン狂詩曲
ラフマニノフ/交響的舞曲

実は初めて(生で)聴いたアシュケナージのピアノ。

私にとってアシュケナージといえば、ちょっと緩い、しかしお茶目で音楽の喜びにあふれた指揮者のイメージが馴染み深く、ピアニストとしての姿は録音を通じてしか知らなかったので、今になってライブが聴けるとは思っていなかった。
息子のヴォフカとのデュオだったが、もうそんなにない機会かもしれないと思い行ってきた。曲目もなにげにツボ。

演奏は年相応に(1937年生まれ)枯れたところもあったが、昔レコードやCDで聴いたあの音の香りははっきり残っており、息子さんと一緒に弾いても音色の違いがよく分かった。聴いてよかった。
客入りはあまりよろしくなく、1階や2階前方、P席(ステージ後方)はそこそこ埋まっていたものの2階後ろやサイドは閑散としていた。私はサイド席だったが1列まるまる私1人^^;いくらなんでもサントリーの大ホールは大きすぎたようだ。
おかげで場内が静かなのはよかったんだが。音楽が本当に好きなお客さんが静かに集中して聴いている雰囲気。当り前なんだけどね。

« 【告知】サクソフォン交流会2016 | トップページ | 小澤さんとNJP »

コンサート(2016年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【告知】サクソフォン交流会2016 | トップページ | 小澤さんとNJP »