2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 都響2016楽季開幕 | トップページ | ショーソン/交響曲、ジャン・フルネ指揮N響 »

2016.04.09

ネヴィル・マリナー&ジ・アカデミー、歴史的瞬間

チラシ画像アカデミー室内管弦楽団(アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)(東京オペラシティ・コンサートホール)

プロコフィエフ/交響曲第1番「古典交響曲」
ヴォーン=ウィリアムズ/トーマス・タリスの主題による幻想曲
ベートーヴェン/交響曲第7番
 指揮:サー=ネヴィル・マリナー

私の最も敬愛する現役の指揮者、サー=ネヴィル・マリナーと、1958年の創設以来の手兵ジ・アカデミーの、「最後の日本公演」に駆けつける。
すばらしい演奏会だった。
間違いなく、歴史に残るであろう時間を過ごした。

足りないものも余分なものも何もない、ひたすらに純粋な「音楽そのもの」。
こういうものは久しぶりに聴いた気がした。
オーケストラという媒体で鳴る音と音楽の、ひとつの模範だ。
60年近くに及んだこのコンビを、もう日本で聴くことはできないというのは残念というか感慨深いけれど、しかしあと1週間足らずで92歳となる(1924年4月15日生まれ)サー=ネヴィルはいたって元気だった。
N響に来た時も元気だなーと思ったけれど、更に若返ったかという印象。棒は明晰で乱れは全くなく、テンポも表情も柔軟そのもの。あと10年20年は平気で活躍できるんじゃないか、と思ってしまったくらい。
気心の知れたアカデミーの仲間と一緒にいるのが余程良いのだろうなと思った。

アカデミーは素晴らしいオーケストラだ。
第1ヴァイオリン8人という編成ながら(8-6-4-4-2)、弦の音の密度、管を含んだ全員の有機的な一体感は、並のフル編成常設オケを軽く凌駕する。
2群の弦楽合奏の「タリス幻想曲」、そしてアンコール最後の「ロンドンデリーの歌」(グレインジャー編の弦+ホルン版)の、銀色に輝くような弦の響きには痺れた(後者のホルン、クライマックスを譜面通りフォルテ4つで咆哮。これも凄かった)。
ちなみにアンコールの1曲めは、「フィガロの結婚」序曲。ここはやはり、モーツァルトでしょう。

« 都響2016楽季開幕 | トップページ | ショーソン/交響曲、ジャン・フルネ指揮N響 »

コンサート(2016年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都響2016楽季開幕 | トップページ | ショーソン/交響曲、ジャン・フルネ指揮N響 »