2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 都響今季最後の定期、最後のメイト会員 | トップページ | キアロスクーロ・カルテット »

2016.03.31

没後10年のアルメニアンダンス…時代の交替

新着…というには時間が経ってしまったけど、2月に発売されたCD、大井剛史さん指揮の東京佼成ウィンドオーケストラによるリード・アルバムのことを、リード先生のメモリアル・イヤーだった今年度のおしまいに書かせていただく。(Facebookからの加筆転載)

image
アルメニアンダンス/リード作品集(ポニーキャニオン PCCL50012)

これに収録の「アルメニアンダンス」は、これまでにCDで発売されたアルメニアンダンスの全曲版の録音(キューネル武蔵野音大、リード佼成、フェネル佼成、佐渡シエナ、リード大阪市音、etc.)の中でも、最もすばらしい演奏だと断言する。
私が言うんだから間違いありません(笑)

決して派手な演奏ではない。速いところがむちゃくちゃ速い訳ではないし、遅いところもそんなに重くない。
しかし、細かな音符ひとつひとつまで妥協なく丁寧に美しく「正しく」鳴っている、「吹奏楽」の録音ではいまだ存在したことのないような、純粋に「音楽的」な演奏だ。
リード先生はこんなにもたくさんの音色のバリエーションをスコアの上に書き分けていたのか、と改めて気付かされて、目が覚める思いだった。
是非、よい再生装置でじっくり耳を傾けていただきたいと思う。

2014年4月の定期演奏会のライブ。
こんな水準の演奏がライブで鳴ったのなら、他の予定は蹴ってでも聴きに行くべきであった。

それにしても、正直なところを言っちゃうと、昔の佼成だったらリード先生の曲をここまで精緻には演奏しなかったと思う。
たくさん残されている佼成の25年くらい前の自作自演の録音より、これのほうが格段に上手い。
昔は技術水準のせいで精緻に演奏できなかった、とか、そういう理由では多分なく。

おそらく、リード先生の曲を演奏するということが、「現役の人気作曲家の作品をとりあげるイベント」から、亡くなられて10年を経て、「古典」として真摯に、虚心に取り組むべきことへと変わってきたのだと思う。
「音の輪」コンサートだってそうだよ。リード先生が存命で指揮されていた頃より、今のほうが演奏水準は断然上だもの。

どこかで、「時代」が替わったんだね。

そんな、「時代の交替」を象徴する存在、というか音源として、感慨深く聴いた。

« 都響今季最後の定期、最後のメイト会員 | トップページ | キアロスクーロ・カルテット »

新着音盤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都響今季最後の定期、最後のメイト会員 | トップページ | キアロスクーロ・カルテット »