2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 都響800回定期 | トップページ | オルケストル・フランセ・デュ・ジャポン【1月16日】 »

2016.01.17

15日

金曜日(15日)は会社を休んで、浦和でしらこばと音楽団名義の本番(Sax四重奏+1)。バリトン。
シニア対象の講座の一環のような演奏会で、平均年齢70代後半のお客さんだった。

photo

今日の会場。
緞帳のある舞台というのは久しぶり。
緞帳といえば火の用心。

1時間半のステージは結構長くて大変だったけれど、とても喜んで、なおかつ積極的に聴いていただけたようで良かった。
メンバー紹介の際に、何か質問はありませんか?とか言ったらたくさん手が挙がったし。
「その楽器(バリトン)は重さはどのくらいなんですか?」とか。
話を振られて、「サクソフォンという楽器の歴史」について即席でちょっとだけお話をさせていただいたのだが、これも結構評判が良かった様子。

終わってから免許の更新で、鮫洲の免許センターへ。
5年来ない間に、建物が完全に新しく建て替わっていてびっくり。
中にエスカレーターがあるんですよ!
しかしこの、人の動線をまるで考慮しない設計はなんとかならなかったのかな。(広い1フロアにいろいろな窓口が散在する作り方で、右往左往)

photo

センター近く、夕暮れ時の鮫洲入江広場。
私が免許を取った30年前は、ここは運河だった。
ゴミの浮いた海水が入り込んでいて、古い漁船が何隻か繋がれていたなあ。
どこもかしこも、まあ綺麗になっちゃって。

このあとは渋谷へ出てコンサートを鑑賞。
その話はまた別途。

« 都響800回定期 | トップページ | オルケストル・フランセ・デュ・ジャポン【1月16日】 »

いざ、本番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都響800回定期 | トップページ | オルケストル・フランセ・デュ・ジャポン【1月16日】 »