2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« Bカル、あるいはシュミットの四重奏曲の思い出 | トップページ | 都響【9月29日】、あるいは武満徹『精霊の庭』のこと »

2015.12.05

TKWO【12月5日】

チラシ画像東京佼成ウィンドオーケストラ 第126回定期演奏会(東京芸術劇場コンサートホール)

ボロディン(淀彰編)/歌劇「イーゴリ公」より だったん人の踊り
A.リード/ロシアのクリスマス音楽
リムスキー=コルサコフ(稲垣卓三編)/シェエラザード
 指揮:トーマス・ザンデルリンク

「ロシアンクリスマス」がとても良かった。
そういえばロシア人の指揮者がこの曲を振るのは初めて聴いた気がする。
真ん中へん、コントラバスのピツィカートの上にコラールが流れる箇所がすごく遅いテンポで、「新世界交響曲」の2楽章の中間部を連想した(全体に遅いというか重厚なテンポだったけれど)。とても深い「祈り」の音楽だった。
他にもいろいろ、昔この曲をやった頃のことを思い出してちょっと泣いたのは内緒(笑)

メインプロは「シェエラザード」。CDにもなっている、Esクラが大活躍する20年くらい前のアレンジ。
このアレンジ、癖があって私はあまり好きじゃない。
演奏は良かった。Esクラはエキストラで、東響のEsクラの名手近藤千花子さん。さすがだった(最低音域とか、通常のクラリネットと何ら変わりない)。

« Bカル、あるいはシュミットの四重奏曲の思い出 | トップページ | 都響【9月29日】、あるいは武満徹『精霊の庭』のこと »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Bカル、あるいはシュミットの四重奏曲の思い出 | トップページ | 都響【9月29日】、あるいは武満徹『精霊の庭』のこと »