2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« JRSクリスマスコンサート | トップページ | 今年最後の「第九」、12月の都響 »

2015.12.24

リード・イヤーの終わりに

クリスマスイブにも、やっぱりコンサートのふりかえりを書く奴(笑)
12月12日(土)の、これ。
これはやはり書いておきたい。

チラシ画像リード×シエナ(東京オペラシティ・コンサートホール)

A.リード/
ヴィヴァ・ムジカ!
吹奏楽のための第3組曲「バレエの情景」
シンフォニック・プレリュード
マリンバと吹奏楽のためのコンチェルティーノ
 Marimba:高田亮
イン・メモリアム~逝ける者への哀歌
アルメニアンダンス(全曲)
 スーパーバイザー:秋山紀夫
 シエナ・ウィンドオーケストラ
 指揮:中村睦郎

シエナの、没後十年リード祭り。
お客さんのよく入った、華やいだにぎやかな場内。
たくさんの仲間たちに再会。

マリンバ・コンチェルティーノのソリスト高田亮さんの、「楽章毎早着替え付き」ソロの素晴らしさに尽きた。
中世ヨーロッパ風のダブルボタンのジャケットにド派手な羽根付き帽子という格好でステージに現れ、場内のどよめきを誘ったと思ったら、楽章間でどんどん脱ぎ捨て、最後はメタリックレッドの衣装1枚(片腕だけノースリーブ)になって3楽章のブギウギを叩きまくった。
演奏終了後の大拍手に応え、更に着替えて(今度は真っ白な衣装)ステージに再登場、アンコールは「アルハンブラの思い出」。
爆笑しつつも圧倒されたw
いや、笑い事じゃなく、それぞれの楽章の持つ世界を音楽だけでなくビジュアル的にも表現し尽くそうという意欲と気迫は、ライブで見てこそのものだ。ホントに感動した。

願わくば、そのような、自分たちだけが発見し伝えることのできる「美」を表現しようという意気込みが、他のすべての曲について感じられたなら、なお良かったのだが。

それにしても、マリンバ・コンチェルティーノ、やっぱりいい曲だな。
リード先生の他の作品にもあまり類例のない美しさがあると思う。
この曲の初演(1992年・第4回音の輪コンサート)に参加できたのは、一生の栄誉です。

コンサートホールのロビーのXマスツリーは、なんと、カーリーさん制作

20151212

« JRSクリスマスコンサート | トップページ | 今年最後の「第九」、12月の都響 »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JRSクリスマスコンサート | トップページ | 今年最後の「第九」、12月の都響 »