2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ハバネラ・カルテット【10月23日】 | トップページ | 文化の日に »

2015.11.02

都響ヨーロッパ公演プロ

チラシ画像東京都交響楽団 第797回定期演奏会(サントリーホール)

ラヴェル/スペイン狂詩曲
プロコフィエフ/ヴァイオリン協奏曲第2番*
細川俊夫/嵐のあとに~2人のソプラノとオーケストラのための(都響創立50周年記念委嘱作品・初演)**
ドビュッシー/3つの交響的スケッチ「海」
 *Vn:ワディム・レーピン
 **Sop:スザンヌ・エルマーク、イルゼ・エーレンス
 指揮:大野和士
 〔コンサートマスター:四方恭子(ラヴェル、ドビュッシー)、山本友重(プロコフィエフ、細川)〕

発売後すぐに売り切れてしまった演奏会なので、チラシは今日会場ではじめて見た(笑)

これを引っ提げてヨーロッパ公演に出る、充実のプログラム。
コンマス3人全員乗り、弦の首席もほぼ揃い踏みの、総力戦の趣。

ここのところ平日のコンサートはことごとく開演に間に合わず遅刻、という事態が続いていたので、今回はなんとしても愛してやまない「スペイン狂詩曲」が聴きたくて、頑張って仕事を片付けた(笑)
メインの「海」ともども、フランス人の演奏や、都響で親しんだジャン・フルネの流儀とはちょっと違うけれど、すばらしく精緻な演奏だった。
思索的でうつろいゆく外見の中に風鈴や締太鼓という「日本的な」音が聞こえてくる細川さんの(細川さんらしい)新作と、名手レーピン(デビュー当時の少年のような風貌が今なお印象的だが、そんな彼ももう44歳)のソロが華を添えた。

ヨーロッパ・ツアーの成功を祈ります。

« ハバネラ・カルテット【10月23日】 | トップページ | 文化の日に »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハバネラ・カルテット【10月23日】 | トップページ | 文化の日に »