2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 鴎外荘にて | トップページ | 下野都響、シーズン開幕【9月2日】 »

2015.09.05

トレヴァー・ワイのフルートカーニヴァル

チラシ画像トレヴァー・ワイのカーニヴァルショー 東京公演(DAC・スペースDo)

G.F.ヘンデル/トリオソナタホ短調*†
V.ベッリーニ/清らかな女神よ~歌劇「ノルマ」より†
G.パッジ/ナポリの思い出†
「ヴェニスの謝肉祭」の主題による60の笛のための50の大変奏曲*
 *トレヴァー・ワイ、†南野香代子(Fl)
 安田結衣子(Pf)

9月1日(火)のこと。
秋のコンサートシーズンの開幕。
急遽思い立って行ってきた。

私はサクソフォンを吹くが、トレヴァー・ワイのフルート教本の1巻は音作りの基礎訓練のテキストとして昔からおなじみ。
同じ師匠に習った方は全員やらされているはず。

「ヴェニスの謝肉祭大変奏曲」を聴く(観る)のは、1996年、2008年についで三度め。
何度見ても最高だ!
ステージ上のテーブル一杯に置かれた何十種類の笛、笛。ピッコロやアルト、バスフルート、バロックフルートやリコーダーから、中国やインドの笛、人骨笛などさまざまな時代や異国の笛に、蛇やカエルのおもちゃまで。
ジョークを飛ばしながら、それらをどんどん吹いてゆく。
「バスフルートが曲がっているのは、電話ボックスの中で練習できるため」というジョークを聞いたのは三度めのような気が(笑)
紙製のフルートをハサミで切りながらどんどん違う音を吹くとか、ニンジンをその場でくりぬいて笛にしちゃうとか、ほとんど大道芸の世界。
電飾フルートは時代を追うごとにバージョンアップしてるし(笑)

80歳を迎えての久々の来日ということで、忙しい中だったけれど無理やり来てみたが、とても80歳には見えないほど元気そうだった。
行ってよかったです。
普段のコンサート会場ではなかなか会わないような、フルート関係をはじめご無沙汰の知り合いの方々にたくさんお会いする。

終演後はおもいっきり記念写真。

photo

« 鴎外荘にて | トップページ | 下野都響、シーズン開幕【9月2日】 »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鴎外荘にて | トップページ | 下野都響、シーズン開幕【9月2日】 »