2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 【告知】第28回サクソフォーン発表会 | トップページ | 奥志賀高原より »

2015.07.28

静岡→東京(トリオ閃束)【6月14日】

チラシ画像シンフォニエッタ静岡 Sinfonietta Shizuoka, JAPAN 第40回定期演奏会(グランシップ・中ホール「大地」)

オネゲル/交響曲第2番
ニールセン/クラリネット協奏曲*
モーツァルト/クラリネット協奏曲*
 *フェルディナント・シュタイナー(Cl)
 指揮:中原朋哉

ふたたびブログ回想編。
6月14日(日)。
13日のリサーチ本番から一夜明けた日曜は、コンサート(聴くほう)の昼夜ハシゴ。しかも静岡→東京。

昼はザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団首席クラリネット奏者にして「ピアニシモの魔術師」、フェルディナント・シュタイナーによる、コンチェルト・プロ。
バセットクラリネットで吹いたモーツァルトも勿論すばらしかったが、希少なニールセンの演奏の多彩さ、見通しの良さは最高だった。
実は昼のチケットは人に譲ろうかとも思ったのだけれど、自分で行ってよかった。

チラシ画像トリオ閃束(SENZOKU)~セルマー・パリ サクソフォンAXOS発売記念コンサート東京公演(ノナカ・アンナホール)

Ph.ポルトジョワ/パリの花束~シャンソン・メドレー
L.ロキタ/万華鏡(委嘱作品)
山田武彦/素声一場(委嘱作品)
A.ドヴォルザーク/レントとアレグロ(ピアノ四重奏曲第2番より)*
C.サン=サーンス/ピアノ三重奏曲第2番より 第1、3、5楽章
 大城正司、宗貞啓二、*田中拓也(Sax)
 渡辺麻里(Pf)

新幹線に飛び乗って東京へ舞い戻り、夜はアクタスへ。
大城さん、宗貞さんによるピアノ(+Sax)トリオによる全国ツアーの最終夜。
2つの委嘱作品がとても対照的で面白かった。山田武彦さんの曲は、まさに能の一場面をサクソフォンで再現するかのようで、海外のコングレスのような場で演奏されるにふさわしい。

それにしても、30年近く前から存じている宗貞センセが、いまや全くの「巨匠」の風格をお持ちであることに、改めて感嘆。

« 【告知】第28回サクソフォーン発表会 | トップページ | 奥志賀高原より »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【告知】第28回サクソフォーン発表会 | トップページ | 奥志賀高原より »