2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 半分聴けず | トップページ | ヴァンサン・ダンディ管弦楽作品集成 »

2015.06.05

銀座の桜

チラシ画像MUSIC CRUISE 2015~サクソフォーン・カルテット桜(十字屋ホール)

松岡大祐/SAKURA
フォーレ(桑野恵子編)/組曲「ドリー」
リヴィエ/グラーヴェ とプレスト
ピアソラ/リベルタンゴ
R.ロジャース(石毛里佳編)/サウンド・オブ・ミュージック
バーンスタイン/ウェストサイド・ストーリーより
福田洋介/日本のうた
 高梨寛子(S.Sax)、石橋梓(A.Sax)、田中麻樹子(T.Sax)、桑野恵子(B.Sax)

5月の最後の土曜日、半袖を着て街に出る。
華やぐ銀座の3丁目(シャネルの隣)、十字屋のサロンコンサートへ。

久々のサクソフォンのコンサートだったが本当に楽しかった。
「桜」はほぼ年に一度のペースで聴いているが、改めて思ったけれど、なんといっても「音」がいいですね。
私のような歳の人間にとって実感のある懐かしい響きと、スリムで明るい新しさが、矛盾なく同居している。
個人的には桑野さんのバリトンの音が本当に素敵だ。
あの音でスタンドプレーとかされちゃうと、マジで恋に落ちます(笑)

曲目は、おなじみのメンバー紹介付きテーマ曲で始まる、ほぼいつもの手中のレパートリーという感じだけど、少しずつリニューアルもあり。
例えば「ドリー」は以前は抜粋のアルモ版をやっていたように覚えているが、今回は全曲の新アレンジ。
こだわりポイントもよく分かったし、また今まで無かった5曲めの「タンドレス」が一番フォーレらしい美しさとハーモニーがあるので、これが聴けるようになったのは嬉しかった。

終わった後は山野楽器に寄って、また別件で新宿に出たついでにCDを買ったりしたのだが、その話はエントリーを改めて。

« 半分聴けず | トップページ | ヴァンサン・ダンディ管弦楽作品集成 »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半分聴けず | トップページ | ヴァンサン・ダンディ管弦楽作品集成 »