2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« ガブリエル・フォーレ170歳の日に | トップページ | デ・ワールトN響、フランスプロ »

2015.05.17

ド・ビリー&都響、ダブル2番

チラシ画像東京都交響楽団 第788回定期演奏会(東京文化会館)

デュティユー/交響曲第2番「ル・ドゥーブル」
ブラームス/交響曲第2番
 指揮:ベルトラン・ド・ビリー
 (コンサートマスター:矢部達哉)

今週(先週?)のコンサートふりかえり。
都響初登場、「ウィーンのフランス人」ド・ビリーによる、「double2番」プロ。
たいへん見通しのよい好演。客席も沸いた。

今回の客席に、デュティユーのほうが聴きたくて来た人はどのくらいいたんだろうか(笑)
デュティユー好きです。動と静、均整と破調、前衛と古典とが個性に完全に溶け込んでいる。
20世紀のフランスにしか生まれ得なかった作曲家だと思う。
どうしてサクソフォンの曲を残してくれなかったのかな。
(オーボエソナタをソプラノサクソフォンで吹くことも許可しなかった、という話を聞いた)

デュティユーの「2番」は、チェンバロやチェレスタを含む12人編成の小アンサンブルと大オーケストラの協奏形式でできているので、実演で見るのがやはり大変面白い。
パリ管の1993年の日本公演にとりあげられていて初めて聴いた。(指揮はセミヨン・ビシュコフ)
都響でも1996年にジャン・フルネが指揮している。

25年くらい前に買った古いCDが家にあった(シャルル・ミュンシュ指揮フランス国立放送管、1962年6月のライブ)。
曲の終わり方が現行版と違う、珍しい原典版だそうだ(今日の解説に書いてあった)。
そうだったのか。

photo

« ガブリエル・フォーレ170歳の日に | トップページ | デ・ワールトN響、フランスプロ »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガブリエル・フォーレ170歳の日に | トップページ | デ・ワールトN響、フランスプロ »