2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 恒例なのはな合宿 | トップページ | アミダ本番 »

2015.04.04

大野和士さん就任披露

チラシ画像東京都交響楽団 第786回定期演奏会《大野和士 都響音楽監督就任披露公演1》(サントリーホール)

シュニトケ/合奏協奏曲第4番=交響曲第5番
ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」
 指揮:大野和士
 (コンサートマスター:矢部達哉)

4月3日(金)。
われらが大野さんが満を持して!都響に帰ってきた。

「帰ってきた」、っていう言い方が少なくとも私には相応しい。
私が都響の定期会員になった1991年には、大野さんは都響の「指揮者」で、若杉、小泉、ジャン・フルネという当時の都響指揮者陣にまざって、印象深い演奏会をいくつも聴いたものだ。
大野さんと都響の組み合わせを初めて聴いたのは、あの昭和の最後の夏、ワールド・サクソフォンコングレスのメインコンサート(神奈川県立音楽堂)だったし。
もう27年も経つのか。
あの頃から、今日のことは約束されていたのかもしれない、というそんな感じもする。

壮絶なまでに鮮やかな「運命」に言葉を失う。
倍管(木管各4本)+16型という大編成の、しかし明らかに昔の巨匠風とは正反対の俊敏で切れ味鋭い音作り。
全体を通してまさに「プロ」の仕事だった。
これからも楽しみに聴いて行こう。

サントリーホールの裏手の道。
アークヒルズは桜の名所。

photo

« 恒例なのはな合宿 | トップページ | アミダ本番 »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恒例なのはな合宿 | トップページ | アミダ本番 »