2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 大野和士さん就任披露(東京文化) | トップページ | シュピールの春 »

2015.04.14

メッツマッハー退任

チラシ画像新日本フィルハーモニー交響楽団 第539回定期演奏会(サントリーホール)

シェーンベルク/5つの管弦楽曲Op.16
ヤナーチェク/シンフォニエッタ
バルトーク/管弦楽のための協奏曲
 指揮:インゴ・メッツマッハー
 (コンサートマスター:西江辰郎)

4月12日(日)。
就任する人もいれば、これを限りに退任という人もいる。
新日本フィルのコンダクター・イン・レジデンス、メッツマッハーの最終月間。

とはいっても任期はたったの2年だったので、つい最近就任して特に何か目立つことをやった記憶もないままもう終わり、という感もあり。
しかし、それでもこの人が振ったら振ったでちゃんとそれなりの演奏にはなるのだから(無調のシェーンベルクとかヤナーチェクの、バランスの難しいヘンテコな和音の響かせ方が実に巧い)、これで終わりというのは残念というか勿体ないというか。
また、ヤナーチェクのバンダが実によくまとまっていて綺麗に響いていたのが印象的だった。
トランペットのエキストラを10人近くも集めたら、普通は烏合の衆(笑)になっちゃうんですけどね。

こういう、ヴィヴィッドに生きている現代の音楽を真っ当に伝える、という役回りは、この先大野さんと都響が担うことになるのかもしれない。

photo

アークヒルズの一角の鬱金桜(ウコンザクラ)。
緑色の花が咲く。

« 大野和士さん就任披露(東京文化) | トップページ | シュピールの春 »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大野和士さん就任披露(東京文化) | トップページ | シュピールの春 »