2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ソヒエフ&トゥールーズ、2015 | トップページ | インバルのシューマン、ドイツ・ロマン派の午後 »

2015.03.04

師弟競演

チラシ画像新井靖志&山浦雅也(Saxophone) デュオコンサート(アーティストサロンDolce)

メンデルスゾーン/演奏会用小品第2番Op.144
ミヨー/クラリネット、ヴァイオリンとピアノのための組曲Op.157b
ボルヌ/カルメン幻想曲
J.B.サンジュレー/協奏的大二重奏曲Op.55
ドビュッシー/小組曲
 Pf:織井香衣

だいぶ前のことになってしまったが、2月20日(金)に聴いたコンサートのふりかえり。

客席の通路が丸椅子で埋まり、ステージ上にまで補助席を出すような、空前の大入り満員。
トルヴェールQの新井さんと、Bカルの山浦さん。
リアル師弟である。
のびのびと力いっぱいに吹きまくる山浦さんに対して、徹底してサイドメンに徹する師匠の新井さんの姿にむしろ心打たれる、美しい師弟競演となった。
サンジュレーなんか、わりと最近聴いた別の方々のとは別の曲のようだったし。
人間ここまで「我」を消して何かに奉仕することができるのか、とすら思いましたよ。
山浦さんは幸せ者ですね。

アンコールにフォーレの「この地上ではどんな魂も」。原曲は二重唱曲。
なんだかすごいタイトルだけど、ある意味とても象徴的だ。
この曲をアンコールに選ぶセンスには脱帽である。

« ソヒエフ&トゥールーズ、2015 | トップページ | インバルのシューマン、ドイツ・ロマン派の午後 »

コンサート(2015年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソヒエフ&トゥールーズ、2015 | トップページ | インバルのシューマン、ドイツ・ロマン派の午後 »