2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 公園巡り | トップページ | 2014年11月6日 »

2014.11.05

ブラビンズ&都響・英国祭第二夜

チラシ画像東京都交響楽団 第777回定期演奏会(東京芸術劇場・コンサートホール)

ヴォーン=ウィリアムズ/ノーフォーク狂詩曲第2番(ホッガー校訂版・日本初演)
ディーリアス/ヴァイオリン協奏曲*
ウォルトン/交響曲第1番
 *Vn:クロエ・ハンスリップ
 指揮:マーティン・ブラビンズ
 (コンサートマスター:四方恭子)

4日(火)。
今回も間に合わず、休憩後のウォルトンのみ。
英国外の初演だという1曲め、聴きたかった。

ウォルトンの交響曲第1番というと、私は20年以上前に日本フィルの定期で聴いた壮絶な演奏が忘れられないんだけど(指揮は尾高さん)、今回は指揮者がやたらと煽る割にはむしろクールでスタイリッシュな演奏に聞こえた。オーケストラのキャラなのか余裕の産物なのか。
ともあれ、まあ華やかな曲ではある。80年も前に書かれた曲ながら、フィリップ・スパーク等、現代の派手系イギリス音楽の直接の元祖であるのは間違いない。
終楽章のテンション・コードの連続など、まさにスパークじゃん。

« 公園巡り | トップページ | 2014年11月6日 »

コンサート(2014年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公園巡り | トップページ | 2014年11月6日 »