2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ブラビンズ&都響・英国祭第一夜 | トップページ | トマソン »

2014.10.24

Les Vents Français

チラシ画像レ・ヴァン・フランセ(王子ホール)

イベール/3つの小品
ルーセル/ディヴェルティスマン*
リムスキー=コルサコフ/ピアノと管楽器のための五重奏曲*
ニールセン/木管五重奏曲
プーランク/六重奏曲*
 Fl:エマニュエル・パユ
 Ob:フランソワ・ルルー
 Cl:ポール・メイエ
 Hn:ラドヴァン・ヴラトコヴィチ
 Bn:ジルベール・オダン
 *Pf:エリック・ル・サージュ

21日(火)。
今年も行ってきました。世界最高の「風」。
たった300席のこの王子ホールで聴くという贅沢!

なんという自由さ、なんという自在さ。
これこそが「音楽」だ。
このレベルになってしまうと、もはや、誰が何の楽器、というのは関係なくなってくる。
ニールセンが圧巻だった。純粋に技術的見地からしても、茫然自失、という演奏だった。
最後のプーランク(はじめて聴いた12年前から、メインプロはいつもこれだった)の、集団即興演奏みたいだけど譜面どおり、という他には絶対ないあの雰囲気は、もはや世界遺産と呼びたいくらい。

小さな会場なので、ひとりひとりの表情がよく見える。ルルーさんのものすごく嬉しそうな顔とか。
これのチケットを確実に取るために、王子ホールの会員になっているようなものだ(一般発売は即時完売だったらしい)。

« ブラビンズ&都響・英国祭第一夜 | トップページ | トマソン »

コンサート(2014年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラビンズ&都響・英国祭第一夜 | トップページ | トマソン »