2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« NJPシーズン開始 | トップページ | 【終了】なめら~か第14回 »

2014.10.01

ビゼーのピアノ曲

image

今日はお気楽更新で新着CDのご紹介など。
新着といっても入手したのはもう1ヶ月以上前なんですが。
珍しい、ビゼーのピアノ曲集(アインザッツ・レコード)。

ピアニストは大阪出身の金田仁美さん。金田と書いて「かなた」と読む。
京都芸大で野原みどり先生の門下だったようだ。2011年のガブリエル・フォーレ国際ピアノコンクールで優勝。
今年の日本フォーレ協会の演奏会に出演されたのをたまたま聴いたけれど、たいへんすばらしい演奏で印象に残っていたところだった。

ビゼーのピアノ曲という路線は、新人ピアニストのデビューアルバムとしてはなかなか興味深く、ポピュラリティと意欲性が両立できる面白い行き方だと思う。
現に私もこうして買ってしまった。ジャケ買いではないと思う(多分。笑)。
「カルメン」や「アルルの女」のピアノ版、というのはメロディ自体はそれこそ誰でも知っているようなものだし、半音階的変奏曲をはじめとする滅多に聴けないピアノのための作品の数々は、充分に知られるに値するものだ。
どの曲も素敵な演奏で再現されているが、ビゼーのピアノ曲としては最も有名な「ラインの歌」が入っていないけれど、個人的には「ラインの歌」はジャン=マルク・ルイサダの素晴らしいCDがあるので、良いかなと。
「カルメン」や「アルルの女」のピアノ版は、アレンジが真っ当すぎてちょっと物足りないかも。
「アルルの女」の有名なメヌエットの後半、サクソフォンのオブリガートが完全に省略されちゃったのがワタシ的には残念(笑)

« NJPシーズン開始 | トップページ | 【終了】なめら~か第14回 »

新着音盤」カテゴリの記事

聴きくらべ-「アルルの女」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NJPシーズン開始 | トップページ | 【終了】なめら~か第14回 »