2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 下野読響、フランスの香り | トップページ | クープランとラモーの肖像…全曲演奏会終結 »

2014.03.21

ラファエル前派展

チラシ画像雨の木曜日(20日)。
珍しくロッポンギなんてとこに行ったので、用事を済ませてから森タワーの52階まで上ってラファエル前派展を観て参りました。

ラファエル前派なるものにどうして興味を持っているかというと、ドビュッシーがロセッティの絵と詩を題材に「選ばれた乙女」という美しい音楽作品を作っているから、ということに尽きる。
この曲を知らなかったら、あるいはドビュッシーがこの曲を書かなかったら、自分がロセッティや「ラファエル前派」を知ることはおそらくなかった。
芸術相互の関連や影響というものの奥深さを感じるものである。

ところで、ミレイの「オフィーリア」って、凄く綺麗だけど要するに水死体(ドザエモン)の絵なんですよねsweat01

photo

« 下野読響、フランスの香り | トップページ | クープランとラモーの肖像…全曲演奏会終結 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下野読響、フランスの香り | トップページ | クープランとラモーの肖像…全曲演奏会終結 »