2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« モーツァルトと能楽堂と国宝 | トップページ | サクソフォーン・フェスティバル2014 »

2014.03.14

ピリス

チラシ画像マリア・ジョアン・ピリス ピアノリサイタル(ヤマハホール)

シューベルト/4つの即興曲Op.90 D899
ドビュッシー/ピアノのために
シューベルト/ピアノソナタ第21番D960

13日。
たった333席の小さな、しかし極上の響きのヤマハホールで、ピリスを聴いてきた。
なんという贅沢だったろう!

シューベルトの冒頭、フォルテのユニゾンの音がばーんと出た瞬間、客席の一番後ろまで吹っ飛ばされるかと思った。
CDや、大ホールでのコンチェルトとは全然違う印象だった。
チケット代は正直言って、サントリーホール等大きな会場の公演とは桁違いだったが、それだけの(それ以上の)価値のある音だったと思う。
それにしてもなんという、音楽「だけ」しかない演奏家だろうか。
この集中と輝きと、倫理的なまでの「正しさ」と、これ以上ないような自然さと。
最後のシューベルトも、40分以上かかるはずなのに、なんだかあっという間に終わってしまった感じだ。
いつまででもそこに居たくなるような、得がたい時間を過ごした。

アンコールはただ1曲、シューベルトのもうひとつの即興曲(D935)の2番の、深淵の縁を歩むがごとき神々しい余韻。…

« モーツァルトと能楽堂と国宝 | トップページ | サクソフォーン・フェスティバル2014 »

コンサート(2014年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モーツァルトと能楽堂と国宝 | トップページ | サクソフォーン・フェスティバル2014 »