2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« カリフォルニア・シャワーの頃 | トップページ | 「影武者」騒動について »

2014.02.03

特別演奏会終了

photo

今年もついに残すところあと11ヶ月となった(笑)2月1日、大田区吹奏楽連盟特別演奏会2014が無事終了しました。
日曜は早速、次の本番に向けてのリハーサルがスタート。
明けて月曜、いつもどおりの1週間が始まっています。むちゃくちゃに暖かい。

いやー、先週まではホント、どうなることかと思ったけど(ここだけの話、先週の最後の練習の「リンカーンシャー」なんか、これがもし自分の楽団だったら立ち上がって怒鳴ってるところでしたよ。「初見大会やってる場合かよ!!」って。)、どうにかなっちゃうもんですねえ。
何事につけ「本番は辻褄を合わせる」、という大田区スピリットの面目躍如(笑)

勿論、個人個人のレベルで見れば、最後まで怪しいプレイをしてた人もあちこちに居るものの(苦笑)、例えば1曲だけ降り番の「フローリッシュ」を、ゲネプロの時客席で聴いたんだけど、芯のあるすごく良い響きがしていた。
こんな残響の多いホールで大人数でああいう曲をやったら、普通もっと輪郭のないわんわんした音になる。
少なくとも3年前(震災の直前だった)、アルメニアンダンス全曲で参加したときにはこういう音はしていなかったから、それなりの「積み重ね」というものは絶対にあると思いたい。

それにしても大変な演奏会ではあった。
「普通、ヒンデミットとシェーンベルクは一度にはやりませんよね、」「しかもリンカーンシャーも、」などといろんな人に言われたけど、実際ヒンデミットとシェーンベルクを続けて吹いて精神的にヘロヘロになって舞台袖に戻ったとき、このあとまだ2部と3部があることに思い至って気が遠くなりそうだった。
でも、2部を一緒に吹いた高校生たちの一途さ、ゲストの田中靖人さんの素晴らしいソロにも助けられ、なんとか最後まで乗り切った。

photo

田中さんを囲んで、サックスセクションで記念撮影。

photo

田中靖人さんと2ショット。
知り合ったのは田中さんがまだ国立音大の学生だった頃だから、もう30年近い付き合いになるけれど、同じ舞台に乗ったのは初めてで、そのことをことのほか(こちらが恐縮してしまうくらい)喜んでくださった。

« カリフォルニア・シャワーの頃 | トップページ | 「影武者」騒動について »

いざ、本番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カリフォルニア・シャワーの頃 | トップページ | 「影武者」騒動について »