2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« D-SAX@みなとみらい | トップページ | 東京サクソフォンアンサンブル、再結成 »

2014.02.27

NHKクオリティ

当初Facebookに友人限定で公開していた内容だが、ブログにも書くことにする。
先週、N響からこんな葉書が来た。

photo

2月8日ということは最初に大雪が降った日だけど、私は無理やり行きましたよ。
確かに、あり得ないくらいガラガラだった。
あの天気の中がんばって来た人にもご褒美をください(笑)

というか、笑い事じゃなくてさ、この木で鼻をくくった感満載の文面って一体何なんだろ。
残念ながら来ることができなかった人にも、あの天気の中とにもかくにも来てくれた人にも、まずは申し訳ない、有難い、という気持ちを伝えることが第一にすべきことなんじゃないの?
お客さんあってこその演奏者であり、オーケストラなんだから。
救済措置をどうするとか具体的な手続きをどうするというのはすべて、それがあっての上での話だ。

そもそも、お客さんが来てくれて嬉しいとか、来られなくて無念だとか、そういう感覚ってないのかな?
この文面を立案した人というのは、雪が降ったのはオレのせいじゃないもんねー、と(無意識にも)思っていたんだろうなあ、としか考えられないが。

まあ、N響というのはそもそも、NHKという、極端なことを言えば「営業」なんかしなくても法律で自動的に受信料収入が確保される(努力をして売り上げを伸ばす必要もなく、いかに効率的に洩れなく受信料を徴収するかだけを考えていればいい)組織の一員なのだから、こうなってしまうのも仕方ないということなのか。

ある人なり組織なりの本音の考え方や態度は、非常時の対応でこそ露見する、という、大変残念な例に感じられなくもない。

« D-SAX@みなとみらい | トップページ | 東京サクソフォンアンサンブル、再結成 »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« D-SAX@みなとみらい | トップページ | 東京サクソフォンアンサンブル、再結成 »