2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 近江楽堂にて | トップページ | D-SAX@みなとみらい »

2014.02.22

ネヴィル・マリナー&N響、サントリーホール

imageNHK交響楽団 第1777回定期演奏会[Bプログラム](サントリーホール)

モーツァルト/
交響曲第35番「ハフナー」
ピアノ協奏曲第22番
 Pf:ティル・フェルナー
交響曲第39番
 指揮:ネヴィル・マリナー
 (コンサートマスター:堀正文)

今週のライブ振りかえりその2。19日(水)。
N響のサントリー定期。今月はN響3プログラム皆勤だ。
前回、前々回に続き、当初は今日も雪の予報が出ていたが、なんとか逸れてくれた。

このシリーズのチケットは定期会員が大多数を占めているため入手至難で、この日のこれも発売日の午後に電話したら「A席最後の1枚」だった(S席もその日のうちに売り切れた)。
それでも、マリナー卿が聴ける機会は逃したくなかった。
マリナーというと単なる何でも屋さん、と思っている人もまだまだ多いのかもしれないけど(事実、これほどの巨匠の来日にしてはあまり話題になっていない)、私はマリナーこそは真の音楽的良心を備えたマエストロだと思っている。
今日も、最大で12型の小編成で、マリナー得意中の得意のモーツァルトを堪能した。
これほど細部の工夫や趣向を凝らしながら、一切の不自然さのない堂々たるモーツァルトは本当にすばらしい。
ティル・フェルナーのピアノも自然さと繊細さの極みだった。

« 近江楽堂にて | トップページ | D-SAX@みなとみらい »

コンサート(2014年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近江楽堂にて | トップページ | D-SAX@みなとみらい »