2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« アテナ・ジョイントコンサート2題(振りかえり12/1、9/23) | トップページ | 国立新美術館にて »

2013.12.20

青ひげ公の城

チラシ画像東京都交響楽団 第763回定期演奏会(サントリーホール)

バルトーク/
ヴァイオリン協奏曲第2番
 Vn:庄司紗矢香
歌劇「青ひげ公の城」(演奏会形式)
 MS、ユディット:イルディコ・コムロシ
 Br、青ひげ公:マルクス・アイヒェ
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:矢部達哉)

今年最後の都響定期。
インバル指揮のバルトーク・プロ。2011年3月末に予告されながら、震災のため中止となったプログラムの再帰。
結局130回以上通った今年のコンサートも、最後のクライマックスとなった。全席完売!

いやー濃厚な演奏であった。
濃厚でありながら切れ味はこれ以上ないほど鋭く、オルガンに金管のバンダが加わるクライマックスでも、「ブワーッ」というファジーな発音が一切ない。
「青ひげ公の城」の演奏会形式上演というのはオーケストラにとって絶好のネタで、7つの扉を順に開けるごとにオーケストラの音色が劇的に変わるという面白さがあり、都響だけでも私にとっては三度めくらいのはずだが、正直言って演奏レベルは今までとは隔絶したものがあったと思う。
作品そのものの深みを、ここまで鮮やかに表出できるようになったという、日本のオーケストラの水準の進歩が、なんとも感慨深い。
歌い手さんは2人とも素晴らしかったと思うが、ステージ上にいる、しかも16型の大編成で遠慮会釈なく鳴らしまくるオーケストラと張り合うというのは、ちょっとかわいそうな気もした。

« アテナ・ジョイントコンサート2題(振りかえり12/1、9/23) | トップページ | 国立新美術館にて »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アテナ・ジョイントコンサート2題(振りかえり12/1、9/23) | トップページ | 国立新美術館にて »