2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« NHK音楽祭…フランス放送フィル | トップページ | 雲カル2013 »

2013.10.07

遠方より無へ(追悼・三善晃)

三善晃さんが亡くなられた。

三善晃さんの著書「遠方より無へ」(白水社、1979年)を、この機会に読み返している。

photo

三善さんの文章は、作曲家が書くある種の美文調の極みで、とてつもなく難解だけれど、超絶的に美しい。
30年以上前、大学生のときに初めて読んで、ハマッたもんだった。いくつかの節は暗誦するまで読み込んだし、今でも何か「美しい文章」を書こうとするとき、無意識にこれの調子を真似しようとしている自分がいる。
ある種の若い人の感性を、理屈でなく鷲掴みにして籠絡するかのような絶対的な魅力は、誤解を恐れずに言えば三善さんの音楽そのものよりも音楽的だ。

「交響三章」(20世紀に書かれた日本人作曲家によるオーケストラ作品の中でも、おそらく最大級の傑作)や「管弦楽のための協奏曲」、吹奏楽のためのいくつかの作品から子どものための美しいピアノ曲まで、たくさんの作品に親しんだけれど、結局のところ私にとっての三善さんは、この本のこの文章だ。

サクソフォンのための作品を残していただきたかった。
書いてみたいという気持ちはおありになったようだが、残念ながら時間切れになってしまった。

ご冥福をお祈り申し上げます。

« NHK音楽祭…フランス放送フィル | トップページ | 雲カル2013 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK音楽祭…フランス放送フィル | トップページ | 雲カル2013 »