2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 公民館にて演奏 | トップページ | プーランク再発見 »

2013.10.23

プーランク50年祭

チラシ画像没後50年記念 フランシス・プーランクの夕べ(東京オペラシティ・コンサートホール)

プーランク/
メランコリー(Pf)
3つの小品(Pf)パストラル~讃歌~トッカータ
モンパルナス(Sop、Pf)
フルートソナタ(Fl、Pf)
クラリネットソナタ(Cl、Pf)
六重奏曲(Fl、Ob、Cl、Hn、Bn、Pf)
 菊地裕介(Pf)、臼木あい(Sop)、上野由恵(Fl)、大島弥州夫(Ob)、伊藤圭(Cl)、福川伸陽(Hn)、黒木綾子(Bn)

オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲
 鈴木優人(Org)
スターバト・マーテル
 新国立劇場合唱団(合唱指揮:三澤洋史)
 東京フィルハーモニー交響楽団
 指揮:鈴木雅明

オペラシティのプーランク祭り。
今日は他にもいろいろな演奏会が重なっていたし、お誘いも受けていたけれど、結局は「50年に一度」のこの演奏会へ。
大正解だった。

前半にピアノ曲、歌曲、管楽器の室内楽の名品を揃え、後半はオーケストラで協奏曲と宗教音楽の大作を並べた、これぞプーランク!という催し。
7時開演、終演は9時45分を回った、長い演奏会だった。
休憩後のオーケストラの部が圧倒的な感銘。
鈴木雅明師の、あまりにも堂に入ったオーケストラ捌きと、比較的少人数(男声35、女声24)で音の絶対的な透明感と深みを両立した見事な合唱と、大きな教会の中を思わせるここオペラシティ・コンサートホールのアコースティック、全てが素晴らしかった。
そして、その素晴らしさは最終的に、作品そのものの素晴らしさへと収斂されて行った。
父子共演の「オルガン協奏曲」の、決然たる真面目さと潔さ、そして20世紀宗教音楽の傑作「スターバト・マーテル(悲しみの聖母)」の、屹立する気高さ。
プーランクという作曲家を最初に知ってから35年。様々な作品を聴いてきたし、親しんでもきた。
しかし、このような、魂の打ち震えるかのごとき感動と共にこの人の音楽を聴いたのは、たぶん初めて。

« 公民館にて演奏 | トップページ | プーランク再発見 »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公民館にて演奏 | トップページ | プーランク再発見 »