2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 「水響」の季節の終わり | トップページ | モーツァルトとピエルネと(祝・ピエルネ生誕150年) »

2013.09.19

名月とピアノ

チラシ画像グループピアニスツ・マラソンコンサート2013 第一夜(東京オペラシティ・リサイタルホール)

ドビュッシー/版画
 吉田紗知
ショパン/ソナタ第3番
 山路裕子
モンポウ/風景
 山崎奈津子
グラナドス/スペイン舞曲集より第2番「オリエンタル」
同 /「ゴイェスカス」より 愛のことば、愛と死(バラード)
 玉田裕人

ピアニストの友人が出演する演奏会(ジョイント・リサイタル)へ。
6時半開演なので、職場をほぼ定時で飛び出してダッシュするも間に合わず。
友人の出番(モンポウ)には間に合った。

ショパンやラフマニノフのピアノ曲を聴いていると必ず眠くなるのはなぜなんだろう。
あまりにもピアノという楽器で完結しているからだろうか。
同属楽器のアンサンブル(サックスアンサンブルとかw)を聴いてると眠くなるようなものかな。

お目当てのコンサート後半は、友人が弾いたモンポウと、グラナドスのゴイェスカス他で、これはたいへん楽しかった。
たとえばモンポウの2曲めの「湖」は、「湖の風景を音楽で描く」という捉えどころのないお題をクリアした傑作だ。湖面を渡る風や波紋や雲の影や、湖畔に繁る葦の群れや飛び立つ水鳥などのイメージが眼前する。
そしてグラナドス『ゴイェスカス』の1曲め「愛のことば」は、あらゆるピアノ曲の中で私の最も好きなものの一つだったりする。
こちらは若い男性ピアニストの勢いある快演。


余談だけど、グラナドスのピアノ曲といえば、今も手に入るものかどうか知らないが、コンドン・コレクションという作曲者自演のピアノロールを再生したCDのシリーズがあって、その中にグラナドス自らが弾いた「ゴイェスカス」第1部全曲ほかの録音が入っており、これが実に素晴らしい演奏なのですよ。
私がグラナドスを好きになったのは、半分くらいはこのCDのおかげだ。

image

コンドン・コレクションVol.4 グラナドス、ファリャ(Victor)


帰り路、歩きながら、綺麗な丸い月を見上げる。
今日は旧暦の8月15日。中秋の名月!

写真は、ありません(笑)

« 「水響」の季節の終わり | トップページ | モーツァルトとピエルネと(祝・ピエルネ生誕150年) »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

をを、玉田くん聴いたんですね!私も、2度聴いたことがあります。
2月にこちらであったリサイタルに行けず、かなり残念でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「水響」の季節の終わり | トップページ | モーツァルトとピエルネと(祝・ピエルネ生誕150年) »