2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 週末覚書 | トップページ | JYF、プロヴァンスの風景 »

2013.08.07

佼成WOと大ソリストたち at蒲田

チラシ画像ヴィルトーゾ・コンチェルト~浜松国際管楽器アカデミー講師を迎えて(大田区民ホール・アプリコ)

G.パレ(建部知弘編)/「リシルド」序曲
C.シャミナード(酒井格編)/フルート小協奏曲
 Fl:工藤重典
H.トマジ(仲田守編)/アルト・サクソフォン協奏曲
 Sax:ジャン=イヴ・フルモー
E.エワイゼン(B.Kopetz編)/トランペット・ソナタ
 Tp:ジェイムズ・トンプソン
J.バーンズ/パガニーニの主題による幻想変奏曲
 東京佼成ウィンドオーケストラ
 指揮:大井剛史

「立秋」の7日、酷暑再来。

地元蒲田のアプリコにて、TKWOを聴く。
アナウンスがあったその時から楽しみにしていたコンサートである。

仕事が長引いて遅刻するも、フルモーのトマジは間に合った!
フルモーのコンチェルト(オケ・吹奏楽伴)って初めてかも。なんだか不思議だ。こんなに長いこと聴いている人なのに。
不思議といえば、フルモーを初めて聴いてからもう四半世紀以上が経つということ自体が不思議なんだけどね。
フルモーさんって、若くして時を超越してしまったかのような印象がある。
Tpトンプソン氏は貫祿があった。アンコールで佼成の久保さんと並んだら兄弟みたいだった(笑)
指揮の大井さんは初めて聴く。音色のセンスがとてもいい人だ。ただリズムはちょっと固い。

アンコール、なんとソリスト3人がオケ中に入って、モートン・グールドの「パヴァーヌ」。(トンプソン氏大活躍)
そして、在りし日のフェネル師の十八番、「アンパリト・ロカ」。(但しこれはフェネル師の境地には及ばなかった)

素晴らしい演奏会ではあったが、客入りはあんまり良くなくて残念。2階席なんかガラガラだったし。勿体ない。
かと言って、どうすればお客さんが入るのかはよく判らない(そんなことが判ったら苦労しない)。

ともあれ、これが聴けて本当によかった。

photo

終演後のお約束。
蒲田は羽根つき餃子の街。

« 週末覚書 | トップページ | JYF、プロヴァンスの風景 »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

集客、そうだったのですね。。都内にいたら、絶対行ってます。(涙)

急に決まった演奏会だったようで、確かに告知期間はあまりなかったんですが、それにしてももっとやりようはあったのでは、とは思いました。

むー、ツイッターやfbでは頑張って宣伝されていたのをお見掛けしましたが。
いやはや、勿体無いです。(>_<)

> ツイッターやfbでは

それは私も知っていますが、「それだけ」だったのが敗因かと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末覚書 | トップページ | JYF、プロヴァンスの風景 »