2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« ライブふり返り…8月9日、サックスとフルート | トップページ | 第26回サクソフォーン発表会 »

2013.08.15

むかしのフランスの音~「リシルド」序曲の音源を探して

先日(8/7)の東京佼成WOのコンサートで演奏された(但し私は聴けなかった)、ガブリエル・パレ(パレス)作曲「リシルド」序曲のCDが欲しくて探していたのだが、実は既に持っていたことが判明(^^;
しかも、デュポン指揮ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団による1930年代録音のオリジナル版!

image

ギャルドの伝説の名楽長デュポンの指揮による1927~35年のSPレコード録音(ちょうどマルセル・ミュールがサクソフォンの首席奏者として在任していた時期にあたる)を、木下直人さんのトランスファーでCD2枚分まとめて復刻した中の1曲である。
同じ音源の、10年以上前に東芝EMIから出た復刻盤(入手困難)についてはネット上にいくつか情報があるが、現在こちらのCD(発売:グリーンドア音楽出版)が入手可能であることはあまり知られていないようである。

あとは、なにわオーケストラルウィンズ演奏の、建部知弘氏によるモダンバンド用編曲(佼成が演奏したのもこの版)くらいしか、現状入手できるCDは無さそう。
ただ、この曲を知りたかったら、一度はオリジナル版の音に接してみるべきだと思う。

« ライブふり返り…8月9日、サックスとフルート | トップページ | 第26回サクソフォーン発表会 »

CDを聴く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライブふり返り…8月9日、サックスとフルート | トップページ | 第26回サクソフォーン発表会 »