2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« むかしのフランスの音~「リシルド」序曲の音源を探して | トップページ | ライブふり返り…6月22日、サクソフォーンアンサンブルの会 »

2013.08.18

第26回サクソフォーン発表会

もう昨日のことですが、第26回サクソフォーン発表会、無事終了しています。
ご来場、ご声援ありがとうございました。
また、この会を一緒に作った出演者のみんな、出演はしなかったけど裏方として働いてくれた仲間の皆さんには、感謝の言葉もありません。

20130817

この、近年は毎回ほとんど変わらないメンバーで開催されている同窓会のような演奏会が、自分にとってどれほど大切で誇らしいものかは、何度書いても足りることはない。
今回私はドビュッシーのラプソディということで、曲の威力(笑)でトリを務めさせていただきましたが、演奏のほうはいろいろいろいろあって、いつものごとく基礎力の無さを痛感しつつ、反省。
勿論、多くの方に褒めてはいただいたものの、ああいう場で悪く言う人というのはあまりいないので(笑)

ドビュッシーというのは厳格な音楽で、ちょっとでもヘンなことをすると全体が崩れてしまうので、細かい部分の指が回らなかったりするのは仕方がないとしても、全体のリズムの作りとフレージングを崩さないこと、特にタイのかかった音を端折らないこと、また、楽譜どおり正確に吹こうとすると単に音符が並んでいるだけの演奏になってしまいがちなので、音楽と音の「方向性」を忘れないこと、を心がけた。

Thunderは普段エラソーなことを喋ったり書いたりしているけど、いざ実際に吹かせればこのテードか、と思われた方もきっといらっしゃるとは思うけれど、ドビュッシーだのイベールだのという曲を人前でちゃんと演奏するということがどれほど難しくて大変なことか、を知っている人間が敢えて好き勝手にエラソーなことを言う、というのもそれはそれで一つの価値であろうとは思う次第。

明けて18日は終日アンサンブルのリハーサル。
引き続き、今度は10月の本番に向けて、午前カルテット、午後ラージ、みっちりと練習。…

« むかしのフランスの音~「リシルド」序曲の音源を探して | トップページ | ライブふり返り…6月22日、サクソフォーンアンサンブルの会 »

いざ、本番」カテゴリの記事

コメント

先日は、お疲れ様でした!私も、色々有り過ぎで。(T_T)
ベルノーと過ごした4ヵ月、フランスのエスプリを感じながらの練習でした。

しかし、翌日はなめ練だったんですね〜。(^_^;)

お疲れさまでした。

そうなんです。しかも朝から(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« むかしのフランスの音~「リシルド」序曲の音源を探して | トップページ | ライブふり返り…6月22日、サクソフォーンアンサンブルの会 »