2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« クローバー、2013年 | トップページ | 【告知】第26回サクソフォーン発表会 »

2013.07.26

新日本フィル、シーズン最終月

チラシ画像新日本フィルハーモニー交響楽団 第512回定期演奏会(サントリーホール)

三善晃/ヴァイオリン協奏曲
 Vn:豊嶋泰嗣
ストラヴィンスキー/バレエ組曲「プルチネルラ」
メンデルスゾーン/交響曲第4番「イタリア」
 指揮:クリスティアン・アルミンク
 (コンサートマスター:西江辰郎)

新日のアルミンク若社長、10年にわたる任期の最後の月となった。
サントリー定期のプログラムは、見てのとおりちょっと室内オーケストラのような、小振りな曲目。

おそらく、そんな室内オケ的な機動性と柔軟性、三善のような現代作品で聴かせる怜悧で輝かしいサウンドこそがこの10年の成果だ、ということを言いたかったのだろう。
本当にそうだと思う。

チラシ画像6月21日
第509回定期演奏会(すみだトリフォニーホール)

マーラー/交響曲第6番「悲劇的」
 指揮:ダニエル・ハーディング
 (コンサートマスター:豊嶋泰嗣)

ついでに先月の定期もふり返っておきましょう。
ハーディングのマーラー6番!ハンマーどっかーん!!
しかし職場を退ける間際の飛び込み仕事で開演に間に合わず、しかもなにしろ休憩なしの1曲プロだったので、自分の席には座れず、2楽章から最後列の遅刻者席に案内された。
まあ、時にはそういうこともあります。

« クローバー、2013年 | トップページ | 【告知】第26回サクソフォーン発表会 »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クローバー、2013年 | トップページ | 【告知】第26回サクソフォーン発表会 »