2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 【告知】新宿区吹奏楽団演奏会 | トップページ | シュトゥットガルト放送響(4/9) »

2013.04.08

都響&ジェームズ・ジャッド、RVW4

チラシ画像東京都交響楽団 第751回定期演奏会(東京文化会館)

エルガー/序曲「コケイン」
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番
 Pf:フランチェスコ・ピエモンテージ
R.ヴォーン=ウィリアムズ/交響曲第4番
 指揮:ジェームズ・ジャッド
 (コンサートマスター:山本友重)

エルガーの小品とヴォーン=ウィリアムズの交響曲にベートーヴェンのピアノ協奏曲を合わせるという趣向の今月の都響、先日の5番セットに続く今夜は「4番」セット。

「4番」といい「コケイン」といい、曲のメカニカルな難しさに関しては先日の5番セットより数段上で、とくにRVWの「邪悪な」、と呼びたいほどの錯綜した響きは、「5番」と同じ人が書いたとはとても思えないほどだ。
しかも響き的に全くごまかしの利かない東京文化だったこともあり、一刻も目を離せない、曲芸を見るような緊迫感のなか進行した。
インバルとのショスタコーヴィチの名演をちょっと思い出させるような鮮やかさだった。

ジャッドという人は相当の実力者と見た。
オーケストラ自身の「生理」に反したことはしない人なのだろう。
そうでなければこんなに難しいものをこれほど率直には弾けないはずだ。
派手な存在感を誇る方ではないので、集客という点では微妙かもしれないけれど、できれば是非定期的に登場して英国物のレパートリーをたくさん紹介してほしいと願うところ。

ベートーヴェンのソリストは、ブレンデル一押しの若いピアニストとのこと。
たいへん気品ある演奏で、「4番」というコンチェルトのある一面にとてもよく合っていたと思う。
アンコールにブラームス編曲のヘンデルのサラバンドとやらを弾いたのだが、まるでクープランやラモーのクラヴサン曲を弾くような、ピアノ離れした繊細さに驚いた。
(追記:当日のアンコール曲の掲示が間違っていたそうで、正しくはヘンデル作曲の組曲HWV434より「メヌエット」とのこと)

« 【告知】新宿区吹奏楽団演奏会 | トップページ | シュトゥットガルト放送響(4/9) »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【告知】新宿区吹奏楽団演奏会 | トップページ | シュトゥットガルト放送響(4/9) »