2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« カンブルラン読響、マーラー6 | トップページ | シティフィル室内アンサンブル »

2013.03.19

4月の演奏会とかいろいろ

広島に住んでいる友人から宣伝を頼まれたので(その友人の師匠が乗っているそうだ)、勝手に告知。

広島ウィンドオーケストラ 結成20周年記念東京公演
2013年4月21日(日)14時開演(13時30分開場)
東京オペラシティ・コンサートホール

チラシ画像

入場料:S席3500円、A席2500円、B席1500円(全席指定)
曲目:
木下牧子/シンフォニア
北爪道夫/風の国
平石博一/時の記憶は反射する
D.マスランカ/交響曲第3番
指揮:下野竜也

ううん、こういう、吹奏楽の一般的な(因習的な)ありようとは手を切った潔さは見事で、果たしてお客さんが入るのか心配だけれど、私も是非応援したいもののこの日は残念ながら行けそうにない。
4月の週末はただでさえいろいろあって微妙な上に、21日は行けるものなら静岡に行きたい日なので。
皆様行ってあげてください。

4月の私自身のもくろみとしては、
オーケストラは都響を2回、新日本フィルを2回。日本フィルのシベリウス、TKWOのチェコ音楽プロも聴きたい。
外来オケは9日、シュトゥットガルト放送響に行く予定。
ドイツオケによるオールフランス音楽プロというのは斬新。

4月が始まっていきなり1日に、大阪市音のサクソフォン奏者田端さんの東京リサイタルがある他、サクソフォン系も多士済々。
5日(金)はサクソフォンカルテット桜を聴くことにした。
この日はクロード・ドラングル教授(Sax)による、野平一郎「息の道」東京初演(静岡まで世界初演を聴きに行った曲だ)も気になるところだが、野平センセイは7月の還暦記念演奏会を楽しみにすることとしよう。

13日(土)には、最近関わりを持つようになった新宿区吹奏楽団の定期演奏会が控えている。
こちらもよい本番となりますように。

« カンブルラン読響、マーラー6 | トップページ | シティフィル室内アンサンブル »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カンブルラン読響、マーラー6 | トップページ | シティフィル室内アンサンブル »