2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ハイティンク&ロンドン交響楽団、2013東京 | トップページ | グリーン・レイSaxQ.(3/12) »

2013.03.10

関東サクソフォンアカデミー

関東サクソフォンアカデミー~千葉大学SaxophoneProject Presents(千葉市美浜文化ホール・メインホール)

【演奏発表】
グラズノフ/サクソフォン四重奏曲より第1楽章
 グ・ワーヒル四重奏団
横内章次/バラード・フォー・トルヴェール
 茨城大学
秋透編/3つの富山県民謡
 Jion Saxophone Quartet
【公開レッスン】
デザンクロ/サクソフォン四重奏曲より第1、第3楽章
 たけのこカルテット
【ワークショップ】
「はじめての即興演奏」
【全員合奏】
J.シュトラウスII/ラデツキー行進曲
 講評・公開レッスン・ワークショップ・全員合奏指揮:大石将紀

9日(土)、こちらでお知らせした「関東サクソフォンアカデミー」に参加してきました。
参加カルテット4団体(16名)、ワークショップと全員合奏だけの参加者それぞれ数名、ギャラリー若干名の、小さな規模の勉強会だった。

それでも、結成して数回の練習、誰のレッスンやアドバイスを受けるということもなく初めての本番がグラズノフの1(!)だというグ・ワーヒルQ、曲としてはかなりの曲者である「バラード・フォー・トルヴェール」をまるで気負いなく見事に演奏した茨大Qと、今の大学生くらいの若い人たちの上手さを実感することとなった。
そして同時に、日本のアマチュア・サクソフォン界のパイオニアと言っていい「サクソフォーンアンサンブルの会」のメンバーであるベテランのJion SaxQが参加されたことで、このアカデミーそのものに厚みと貫祿が加わったと思う。
打ち上げでは、今回の講師の大石さんは勿論、これまでなかなかご一緒する機会のなかったJion SaxQのメンバーの方々と、初めてゆっくりとお話しする機会が持てたのは、大変嬉しいことだった。

公開レッスンはデザンクロ。今回のアカデミーの主催者である千葉大のtfm君たちのアンサンブル。
なかなか頑張っていたと思う。それにしても今の若い人たちって、音符が細かければ細かいほど上手なのは面白いなあ。
大石さんは「素晴らしい演奏だと思います」、と褒めながらも、細部へ容赦なく突っ込んでゆく。
曲のイメージを明確に持ってなおかつ全員で共有すること、息の出し入れをし過ぎず大きなフレーズの流れを作ること、曲中の速いテンポと遅いテンポの関連性など、細かい音符の箇所以外へのアドバイスが多く、たいへん興味深くまた共感した。

今回私が参加したワークショップ「初めての即興演奏」も、とても面白かった。
飛び入り含め8人ほどがステージ上に並んで座る。
ジャズの即興ではない、今回のような集団によるフリー即興というのは、誰かが何かを仕掛ける→それに対して反応する、というプロセスを経ることになるので、「人の音を聴く」そして「反応する」、ことに関するエクササイズというか「ゲーム」を、幾つか。
実感したのは、即興演奏のためには、というか「反応する」ためには、自分がどういう音を出したいのか(音程、強弱、長さ、ニュアンス、等)を瞬時に明確にイメージして、その通りの音を楽器で出せることが必要だ、ということだった。
このことは、なにも即興演奏だけでなく、楽器を演奏するという行為すべてにフィードバックできるスキルだと思う。

最後は大石さんの指揮で全員合奏。
この類の企画時にはお馴染みの日本サクソフォーン協会版の、手書きの「ラデツキー行進曲」。
客席にいた人たちはみんなステージに上がり、残ったお客さんは2名(苦笑)。
一人は私の知り合いだった。ありがとうございます。
集客を目的としない催しではあっても、公開のものである以上、お客さんを呼ぶ努力というのは必要だなあとは思った。

photo

リハーサル中。
屏風みたいなのは可搬式の反響板で、1枚1枚別々に折り畳むと、会議室とかにあるホワイトボード程度の大きさになるので、小さなスペースに収納できる。
大きなホールで小さな編成の室内楽をやるとき等、よく見るけれど、間近で見たのは初めてだった。

« ハイティンク&ロンドン交響楽団、2013東京 | トップページ | グリーン・レイSaxQ.(3/12) »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイティンク&ロンドン交響楽団、2013東京 | トップページ | グリーン・レイSaxQ.(3/12) »