2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 【告知】関東サクソフォンアカデミー(3/9) | トップページ | 関東サクソフォンアカデミー »

2013.03.07

ハイティンク&ロンドン交響楽団、2013東京

チラシ画像ロンドン交響楽団(サントリーホール)

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第2番
 Pf:マリア・ジョアン・ピリス
ブルックナー/交響曲第9番
 指揮:ベルナルト・ハイティンク

今年初の外来オケ。
凄い音だった。そして、物凄い「音楽」だった。

オーケストラのサウンドが完全に確立しており、信じがたいようなダイナミックレンジの巾の中に、いつも聴いているはずなのにまるで初めて聴くかのようなスケールの大きな各楽器、各セクションの音が明滅する。
単なる「金管の音」や「弦の音」ではなく、それらを全部含み、しかもこのうえなく金管であり弦である。
「個」と「総体」の、矛盾のない完全なる共存と融合と対置。
これこそが「オーケストラの音」だ。
いつもの私はいったい何を聴いていたんだろうか。
巨匠ハイティンク、指揮台の上に高椅子を置いて楽章間などでは腰かけながら(振る時は立ちあがる)、一見無造作な手つきで壮絶に持続する音楽をオーケストラから繰り出す。
ブルックナーを聴いて感動したのは、実のところ初めてのことだった(「感心」したことは何度かあったけれど)。
二度はないんじゃないかと思った。

…ロア然。
ロア然とは口をアの字に開けて唖然とする意の人民中国漢字だが(嘘)、たまには超一流の外来オケを聴いて唖然とするという経験は必要だなと実感した。
チケット代は在京オケ定期の半年分だが、これはもはや「比較」の問題ではない。

ピリスも実演は初めて。
小柄な、すごく上品そうなおばさん、という印象。
ヤマハのピアノ。
…きっとこれが究極の「ヤマハの音」、なんだろうな。

ブルックナーの後は、さすがにアンコールは無し。
オーケストラの解散後も、満員のお客さんの殆どが帰らずに拍手は続き、ハイティンクは二度も呼び返された。

« 【告知】関東サクソフォンアカデミー(3/9) | トップページ | 関東サクソフォンアカデミー »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【告知】関東サクソフォンアカデミー(3/9) | トップページ | 関東サクソフォンアカデミー »