2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 藝大定期・室内楽 | トップページ | 都響室内楽、そしてジェイムズ・デプリーストの訃報 »

2013.02.07

ヤマハ・プレゼンツ

チラシ画像ヤマハアトリエ東京プレゼンツ・THE 1 Night PREMIUM - サクソフォン&ピアノ サロンコンサート(ヤマハ銀座 コンサートサロン)

サティ/ジュ・トゥ・ヴ
 羽石道代Pf
清水大輔/ネクスト・エンジェルス
 西尾貴浩A.Sax、羽石Pf
真島俊夫編/モリコーネ・パラダイス
 田中靖人A.Sax、羽石Pf
スタイナー/ As Time Goes By
 松原孝政A.Sax、羽石Pf
本多俊之/マルサの女
 國末貞仁S.Sax、羽石Pf
高橋宏樹/アルルのサックス展覧会
リヴィエ/グラーヴェとプレスト
 松原S.Sax、田中A.Sax、國末T.Sax、西尾B.Sax
ガーシュウィン(伊藤康英編)/「ポーギーとベス」ハイライト
 國末S.Sax、西尾A.Sax、松原T.Sax、田中B.Sax、羽石Pf

5日(火)は銀座ヤマハ6Fのサロンで、こんなコンサートを聴いた。

國末さん(QuatuorB、ソプラノ)、田中さん(トルヴェール・クヮルテット、バリトン)、西尾さん(雲井雅人サックス四重奏団、バリトン)、松原さん(カルテット・スピリタス、ソプラノ)という、東京四大サクソフォンカルテット外声担当者(笑)による、豪華ソロ&カルテットの夕べ。
共通点は全員ヤマハを吹いているということで、たったそれだけ(笑)のキッカケでこんなスケジュール調整その他の大変そうな、しかしいかにも楽しそうな本番をブチ上げちゃうところは、いま私が自分のところのアンサンブルでやっている「アミダ企画」と共通するノリを感じる。
ヤマハという会社と、ヤマハユーザー双方の懐の深さを感じるところだ。
そんなに宣伝していたふうには見えなかったけれど、80席ほどのサロンはさすがの満席。
この顔ぶれで大々的に宣伝したら、ここのキャパじゃ足りないでしょうね。

前半は各人「愛」をテーマにした持ち寄りソロリレー。
西尾さんのアルトなど意外と聴く機会がないし、松原さんの裏サックスで鍛えたJazzセッティング&ノーラッカーの楽器(これもヤマハだとか)によるブイシー(渋い)大バラードとか、興味深い出し物が続いた。
後半はカルテット。
普段は外声を吹いている4人による一発カルテットというのは、特に聴き慣れた「グラーヴェとプレスト」などで、常設のカルテットからはまず出てこないような音として結実する。
最後の伊藤康英版「ポーギーとベス」は、ピアノ(羽石さん)が一人で弾き始め、あとからサックスが一人ずつソロを吹きながら入ってくるという、トルヴェールQの草創期によく聴いたアレンジ。
(今はない)カザルスホールで聴いたときの光景をまざまざと思い出した。あれからもう20年以上経つんだな。…

そんなこんな、実は私この日は所用で朝5時半起きで、(5時半なんて私だったら下手すりゃ寝る時間だ)眠くて仕方なかったんだけど、寝てるどころの場合じゃない賑やかさでした。
次回このメンバーによる企画第3弾(今回は第2弾。初回は私は聴いていない)は、本年12月5日(木)、ヤマハホール(サロンから格上げ!笑)とのこと。

« 藝大定期・室内楽 | トップページ | 都響室内楽、そしてジェイムズ・デプリーストの訃報 »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

わわ、次回は年末なんですね!φ(..)一度は、聴いてみたいです〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藝大定期・室内楽 | トップページ | 都響室内楽、そしてジェイムズ・デプリーストの訃報 »