2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« サヴァリッシュ | トップページ | シンフォニエッタ静岡、2012シーズン最終公演 »

2013.02.27

Arion×QuatuorB

チラシ画像Arion×Quatuor B ジョイントコンサート・東京公演(台東区生涯学習センター・ミレニアムホール)

●八重奏
W.A.モーツァルト(金井宏光編)/「フィガロの結婚」序曲
●Quatuor B
G.ピエルネ(M.ミュール編)/守護天使の夜
高橋宏樹/アルルのサックス展覧会
●Arion Saxophone Qartet
八木澤教司/アリオンの琴歌
F.ティケリ/アウト・オブ・ザ・ブルー
●八重奏
ラヴェル/ボレロ
江原大介/インフィニティ(委嘱作品)
長生淳/サクソフォーン八重奏曲
 Quatuor B(國末貞仁S.Sax、山浦雅也A.Sax、有村純親T.Sax、小山弦太郎B.Sax)
 アリオン・サクソフォーンカルテット(堀江裕介S.Sax、小森伸二A.Sax、佐野功枝T.Sax、遠藤宏幸B.Sax)

26日(火曜)。
東京と名古屋、それぞれの第一線で活動するサクソフォンカルテットの邂逅と交流を聴く。
題して「A×B」。

ここミレニアムホールは、私の職場からは微妙に行きづらい場所で、着いたら1曲めは始まっていた。
第1部のそれぞれの単独ステージから席につく。
QuatuorBは先月にも聴いたばかりだが、今日のような天井の高いよく響く会場だと、音のスマートさと純度の高さが際立つ。
初めて聴くアリオンSaxQは、もっと幅の広い音色で、このエネルギー感がなつかしくも好ましい。
アリオンSaxQは、当ブログに今までにいくつか記事を書いたことがある佐野功枝さんがいらっしゃるアンサンブルでもあり、それもあって是非一度生で聴きたいと思っていたのだ。
会場で会った、在京の某美人サクソフォン奏者の方にも「Thunderさん、すっかりのりえさんのファンですね~heart01」などと言われちゃうし(笑)。閑話休題。
曲目は東京公演に向けての「勝負曲」、という趣で、すばらしい集中にみちた熱演だった。
ただ、もう少し響きそのものをじっくりと楽しめる曲も聴きたかった気もした。

後半の八重奏はまた、単独ステージより力入ってるんじゃないか、というくらいの勢いで、単なる「ジョイントコンサート」じゃないんだぞ、と言わんばかりだ。
「ボレロ」が素晴らしかった。
有村さんのアレンジだそうだが、やりようによってはいくらでも安易なアプローチのできるこの曲の、響きと佇まいと精神とをきちんと読み取って移し替えた、見事としか言い様のない編曲であり演奏だった。
とてもサクソフォン8本だけとは思えないような音だったが、同時に「サクソフォン×8」という編成の大きな可能性をも実感した。
江原さんの新作は、急緩急のオーソドックスな三楽章からなる作品だが、こういうメンバーのために思う存分書けるというのはさぞかし嬉しいことだったに違いない、と思わせるような音が聞こえる。
中間楽章のエモーショナルな大コラール三昧が印象的だった。
私たちのようなシロートが手がけるとしたら、一番サマになりにくいタイプの曲だ。
8人全員が、「客観性」というものをそれぞれにきちんと身につけた「プロ」であるからこそ、というところだ。
最後は「定番」の長生淳。
八重奏というよりは、2つの四重奏チームの試合のような音楽で、たまたま出逢った異なる地域の二組の旅の楽士たちが意気投合してセッションを始める…というこの作品のコンセプトは、今日のような機会にはまことにふさわしい。
初演(2000年12月、トルヴェール・クヮルテット×オーレリア・サクソフォンカルテット。元々、日本-オランダ修好400年を記念して委嘱された作品である)のときの鮮やかさとスピードと全能感を、遠く思い出すかのような演奏を聴くことができた。
あんな演奏はもう二度と聴けないだろうと思っていたものだったが。…

« サヴァリッシュ | トップページ | シンフォニエッタ静岡、2012シーズン最終公演 »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サヴァリッシュ | トップページ | シンフォニエッタ静岡、2012シーズン最終公演 »