2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 今年のCDたち…佐野功枝さんの新譜など | トップページ | 【The SAX原稿】日本のサクソフォン四重奏、その歴史と現在(長文) »

2013.01.01

新しい年に

2013年が明けた。
毎年恒例、実家近くの目黒不動尊にお参りした後、義妹の家に一族で集合。

20130101

今年はどんな年になるだろうか。
音楽活動は心身共々の健康と、平和で前向きな世の中と、志を同じくする、また応援してくれる仲間があってはじめて成り立つもの。
良い年でありますように。

CD画像

今年はじめて聴いた音楽は、TVの東急ジルベスターコンサートでの、年明け一発目の「ローエングリン」第3幕への前奏曲だったけれど、CDだとはからずも、ウィリアム・スタインバーグ指揮ボストン交響楽団によるホルストの「惑星」だった。
昨年、ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200という1枚1200円のシリーズで再発売されたものなんだけど、これ目茶苦茶良いです。
オケが凄く巧いし、真っ直ぐで揺るぎなく、スケールも大きい。
少なくとも私がこれまでに聴いた、メータ(ロスフィル)、オーマンディ、マゼール、カラヤン(ウィーンフィル)のどれよりも良いと思うし、この十何年後に同じボストン響を振った小澤の録音よりずっと聴き応えがある。
私がクラシックを聴きはじめてこのかた、ずっと廉価盤で出ていた演奏なので、あんまり注意を払っていなかったんだけど、そういえば高校のときの先輩(OB)でスタインバーグを凄く高く評価してた人がいたっけなあ、なんてことを数十年ぶりに思い出したりした。

« 今年のCDたち…佐野功枝さんの新譜など | トップページ | 【The SAX原稿】日本のサクソフォン四重奏、その歴史と現在(長文) »

CDを聴く」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!!
(喪中だけど・・ま、いっか!)

昨年中はお世話になりました。

Thunderさんにとって素晴らしい新年になりますように!

今年のお盆は講習会ですよ(゚ー゚)

おめでとうございます。
早々のご挨拶、恐縮です。

昨年はおかげさまでたいへん楽しく、また思い出深い年でした。
そう、今年は講習会の年ですね! こんどこそはお邪魔したいです。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年のCDたち…佐野功枝さんの新譜など | トップページ | 【The SAX原稿】日本のサクソフォン四重奏、その歴史と現在(長文) »