2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 新年初練習(サクソフォン五重奏など) | トップページ | メッツマッハーNJP…アルプス連峰 »

2013.01.09

大野和士読響…60分間アルプス登山

チラシ画像読売日本交響楽団 第556回名曲シリーズ(サントリーホール)

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第3番(Pf:小山実稚恵)
R.シュトラウス/アルプス交響曲
 指揮:大野和士
 (コンサートマスター:日下紗矢子(ゲスト))

本年初サントリー。
ホール1Fのショップで働く某フルート吹きの知人に新年のご挨拶。「初出勤ですか?」と言われた(笑)

大野和士、22年ぶりの読響登場だそうだ。
前半のラフマニノフの3番コンチェルトは私にとっては(プロコフィエフの2つのヴァイオリン協奏曲と並んで)鬼門で、最後まで居眠りせずに聴けた試しがないのだが、今回の小山さん(大野さんの芸大同級生)のソロはかなりちゃんと聴いた部類だった。
小山さんの音のでかさと輝きが最も生きる曲だと思う。
「アルペン」は爽快な演奏だった。一気に頂上まで登り詰めて、壮大なクライマックスを描き出す。
オーケストラ各セクションのエッジの立った響きは、まるでヨーロッパのオーケストラみたいだ。
ただ、終結部分は(息切れしたのか)意外と感銘が薄かったような気がした。

ロビーで売っていた読響50周年記念誌を購入。3150円。
函入りのなかなか立派な体裁の本である(特別CD付き)。
創立50年という記念の年に、自分がたまたまシリーズ会員となっていたという偶然は、なんだか感慨深い。


« 新年初練習(サクソフォン五重奏など) | トップページ | メッツマッハーNJP…アルプス連峰 »

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年初練習(サクソフォン五重奏など) | トップページ | メッツマッハーNJP…アルプス連峰 »